10万円でキスマイが宝くじナンバーズを高額当選!その全攻略法を公開します!


2019年の春のテレビの編成が発表され、今まで深夜番組で放映されていた番組がゴールデンタイムに移動し、ゴールデン番組で放映されていた番組が深夜帯に移動となるとのことです。

「ロンドンハーツ」「しくじり先生 俺みたいになるな!!」「陸海空 こんなところでヤバイバル」など現在ゴールデンで放映されている番組が深夜帯に

そして、「激レアさんを連れてきた。」「ザワつく!金曜日」「10万円でできるかな」など深夜帯の番組がゴールデンタイムに移動となるとのことです。

スポンサーリンク

10万円でできるかなゴールデンへ

私が大好きな「10万円でできるかな」がゴールデンタイムに進出してくるのはとてもうれしいです。

番組の中でも一番気になっているのが宝くじを買う企画。これがなかなか当たっているんですよ。

昨年7月に放送された2時間のゴールデンタイムでの特番「10万円でできるかな分宝くじ買ったらいくら当たるかな?ガチで過去最高の高額当せん出ちゃいましたスペシャル」では、Kis-My-Ft2のメンバーとサンドウィッチマンのお二人、スペシャルゲストの綾野剛さんがそれぞれ10万円でスクラッチ、宝くじ、ナンバーズなど各種の宝くじに挑戦しました。

過去には高額当選も

番組の中でスクラッチに挑戦をしたのは、玉森さんと宮田さん。

玉森さんはわんにゃんスクラッチに挑戦をして総額40,000円の当選

宮田さんはドラゴンボールスクラッチランチに挑戦し、41,200円の当選。

宝くじに挑戦したのはKis-My-Ft2の横尾さん、千賀さん、藤ヶ谷さんとサンドウィッチマンのお二人、そしてゲストの綾野剛さんの6人。

結果は当選金額の高い順で横尾さんが116,000円、冨澤さんが68,000円、伊達さんが44,000円、千賀さんが34,000円、綾野さんが32,000円、藤ヶ谷さんが22,000円という結果に。

ここまで、8名が挑戦をして、軍資金の10万円を越したのは116,000円の当選金額を出した横尾さん一人のみ。10万円の資金をもとに宝くじを買っても、元を取ることは難しいようです。

次に挑戦したのはナンバーズ4。0から9までの中から好きな数字を4つ組み合わせるという宝くじですが、北山さんが当選番号の順番がバラバラでも4つの数字があっていれば当選となるボックスで挑戦。

二階堂さんが当選番号の4つの数字はもちろん、順番もきっちりあっていれば当選となるストレートで挑戦。その結果

北山さんが97,000円の当選。一方、二階堂さんはというと

なんと、1,164,100円という100万円越えの高額当選!

結果、10名が各10万円ずつ挑戦、総額100万円をもとに宝くじを買ったところ、合計当選金額、1,658,300円という結果になりました。

もとの金額の約1.6倍というとても素晴らしい結果に。

だからといって、誰しもやみくもに宝くじを買えばいいというものではなく、そこには当選につながるコツがあったのです。

スポンサーリンク

宝くじ当選攻略法!

番組ではそれぞれの出演者が宝くじを購入するときに当選確率を上げるためのアドバイスを受けていました。

手相で当てる

島田秀平さんのアドバイスを受けた玉森さんには、左手の薬指の付け根から下に濃くのびる金運線があるとのことでした。

この線は下にのびればのびるほど、また濃ければ濃いほど金運があるとのことです。ご確認ください。

AIロボットで当てる

ユニロボット社が開発したAIロボット「ユニボ」のアドバイスを受けたのは宮田さん。

数あるスクラッチの中からユニボが当選確率を計算し「ドラゴンボール スクラッチ ランチ」が一番当選確率が高いとはじき出しました。このユニボはかしこいだけではななく見た目も可愛いですよね。

チャンスセンターで当てる

宝くじは、やはり売り場によっても当選確率が変わるようで、番組ではサンドウィッチマンのお二人が西銀座チャンスセンター、そして綾野剛さんが宝くじ御徒町駅前センターでそれぞれ購入しています。

といっても、地方からわざわざ都内の宝くじ売り場まではいけませんが、各地方に「あそこ、当たるってよ~」って話をきいたことがありませんか?

そんな、ラッキーな売り場で購入すれば、当選の確率がグッと上がるのかもしれません。

南蔵院(福岡県)で当てる

福岡県篠栗町にある南蔵院の林 覚乗(はやしかくじょう)住職に話を伺いに行ったのが

横尾さん、千賀さん、藤ヶ谷さん。

この林住職はジャンボ宝くじで1等前後賞合わせて1億3,000 万円に当選し、数日後にはナンバーズ4で560万円を当てたという超強運の持ち主。

ご住職の教えによると

①当選金の具体的な使い道を決めておくこと

②大当たりの不思議な予兆を見逃さないこと

③宝くじを大黒天のお札といっしょに保管すること

以上の3つのことが宝くじが当たるための秘訣だそうです。

②の予兆とはご住職によると日常生活の中で偶然同じ数字を続けてみたりしたときに購入をしたらよいそうです。

神様が「いま買ったらいいよ」っておし得てくれているのかもしれません。私も気に留めておくようにしたいと思います。

山口旦訓さんで当てる

北山さんと二階堂さんはナンバーズ4を購入するときに宝くじ研究家の山口旦訓さんにアドバイスを受けていました。そのアドバイスをもとに北山さんは見事100万円越えの高額当選を果たしたのです。その攻略法とは

①嫌われ数字を選ぶ

0(霊)、4(死)、6(無)、9(苦)を避ける傾向があるので、この数字を軸に数字を選べば高額当選が狙えるとのこと。

②過去100回分の数字の出現率から選ぶ

 数字は偏る傾向あるらしく、過去100回分の数字の出現率からよく出ている数字を軸に数字を選べば、当選確率が高まるとのことです。

北山さんは②の方法で高額当選を手に入れています。

過去100回分の数字を千、百、十、一それぞれの位で数字の出現率を調べて、各位の上位8番目の中から数字を組み合わせる方法です。

ちょっと、宝くじのサイトで過去100回分のデータを調べて、エクセルに入力してやってみようかな?という気持ちになりました。

ちなみに山口旦訓さんは宝くじに関する本も出版されています。

まとめ

今回は「10万円でできるかな」という番組を通して、宝くじの攻略法をお伝えしました。

番組では元々の金額よりも多くの当選金を手に入れていましたが、さすがに自分のお金で10万円分の宝くじを買うのには、かなりの勇気が必要だと思います。

でも、もし、買ったらどうなるのかな?なんてということを知りたいと思いませんか?

番組の中では、そんな好奇心を満たしてくれる内容であることを期待しています。

これから、ゴールデンですので番組のますますの活躍を願っています。

ところで10万円あったら、あなたはなにをしますか?

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました