「ビースターズ」ルイの過去に秘められた魅力をすべて公開!

「ビースターズ」ルイの過去に秘められた魅力をすべて公開!

 

10月からアニメ化された人気漫画「ビースターズ」。

人気キャラであるアカシカのルイは暗い過去を持ちます。

研鑽を積んでチェリートン学園のビースター候補まで上り詰めたルイ。

今回は、彼の秘められた過去について掘り下げます。

 

スポンサーリンク

ルイのプロフィール

ビースターズ2巻・ルイの創作メモのプロフィールを紹介します。

 

ルイ(18)♂ /3月29日生まれ・おひつじ座 A型

偶蹄目 シカ科アカシカ

172cm/53kg

好きなもの:セロリ

ホーンズ財閥の後継者であり、演劇部の花形役者にしてビースターの筆頭候補でした。

カリスマ性を持つ一方、人の目を気にして常にジャケットを着る・ツノが抜けた時は人気を避けるといった努力も欠かしません。

ルイの出身地・裏市

ビースターズ4巻33話で明かされた過去はショッキングなものでした。

ルイは、5歳まで裏市の生餌として売られており、11巻95話まで右足の裏には「4」という数字の刺青がありました。

当時は教育を受けておらず碌に喋れない状態でしたが、仲間が連れて行かれるのを悲しんだり、自分だけ助かることを拒否するほど仲間思いでした。

ルイの目が気に入ったという義父・オグマはナイフ1本を持たせて、腹を空かせた肉食獣の前にルイを差し出します。

どう切り抜けるかのテストに、自分の首にナイフを突き立てて答えるルイにオグマは驚き、「さすが我が子、君のような原石を探していた」と讃えます。

以来、必死の努力を積んで義父の期待に応えるのでした。

今のところ家族は義父しか出ていませんが、今後 義母や生父母は登場するのでしょうか。

スポンサーリンク

ルイはシシ組のボス!

裏市の犯罪集団・シシ組は、35頭のライオンで編成された食殺をビジネスにしていて草食の死体を玄関に飾るマッドな集団です。

ボスの食道楽でさらわれたハルはレゴシに助けられました(5巻42話)。

逃げようとする2匹を狙うシシ組のボスの頭を、拳銃で吹っ飛ばしたルイ。

残されたシシ組の面々は、殺されたボスの代わりにルイを頭に立たせようとします(6巻51話)。

ワンマンだった前ボスが広めた悪評をビースター候補として新聞に載る草食獣のルイなら解消できるとして、盃代わりにステーキを食べさせて覚悟を決めさせます。

退学届けを出すために尊敬する義父と衝突したルイはシシ組の改善に努め、新生シシ組は裏市の尊敬を集める存在になっていきます(8巻65話)。

一緒に過ごすうち信頼関係を築き始めたルイでしたが、食殺事件の犯人と立ち向かうレゴシの助けになるために組を抜けたいと言い出します(11巻92話)。

ルイの補佐役だったイブキの命と「次に見かけた時は食い殺す」の言葉を落とし前に足を洗ったでした。

ルイの父・オグマ

生まれつき子を成せないオグマは、裏市で700万でルイを買いました(4巻33話)。

「君ならこの世界を変えられる」「悔しさも悲しみもすべて力に変えるのだ、それが今課せられたお前の使命だ」と抱きしめ、ルイに名前を授けます。

大きくなってシシ組に入り、退学届けを渡してくるルイに「反抗期にしては少し遅めではないのかね」と余裕ある態度を見せます(8巻65話)。

ルイを買った日は冬の早朝で空気が澄んでおり「この子が外の世界を見るのが今日で良かった」と内心ほくそ笑んでいたのだというオグマ。

銃を突きつけるルイに「お前の愚行に走る癖をたまらなく気に入っている」「愚かではあるがアドリブが効いている、さすが演劇部の花形役者だ」と茶化します。

「金で買ったお前の愛し方が長年分からないでいたが、銃口越しに触れ合っている今 13年分の想いがぶつかり合ってどうも心地良い」と終始自分のペースを崩さず、退学届けを休学届に書き換えました。

以後、ルイが足を失った時には最高級の義足を買い、頭を撫でながら「痛かったか?」と労わったり(12巻99話)、足が痛んだルイが大声を上げるとさすまた型のスタンガンを持って駆けつけたりと(15巻130話)、徐々に過保護を隠し切れなくなります。

ルイが9歳の時 初めてテストで満点をとれなかった翌日に50万の自転車を買い与えたりと、とにかく愛し方が不器用だけれども、ルイが憧れる大人の男なのでした。

女性遍歴

劇中のルイの女性遍歴は、3巻17話のラストで明かされたハルとの関係に始まります。

4巻26話で詳しく描写されたウサギとアカシカのラブシーンは衝撃でした。

その後 裏市で親しくなったオカピのコスモとは友達どまりで一線を越えてはいないようでしたが、ストリップ嬢の友達がいる18歳というのもすごいなと思います(8巻64話)。

卒業式にはオオカミのジュノとキスをして、以来ジュノとうっすら両想い状態です(12巻106話)。

政略結婚の婚約者・アズキからも夜の誘いを受けました(16巻136話)。

島耕作なみの恋愛巧者ぶりに、どんな18歳だとツッコミを禁じえません。

ルイ・ハルは経験豊富でレゴシ・ジュノのオオカミペアは未経験と、草食・肉食逆転現象が起こっているのでした。

ルイの過去について、結論とまとめ

ルイの過去をまとめて思ったのは「周りの大人にめっちゃ愛されてる」ことでした。

過酷な状況から努力して結果を残すルイは、大人の男にとって可愛いのでしょうね。

頭が良いといと気に入っていた新入社員が頭角を現す感じでしょうか。

厳しい過去を共有しているのも、可愛がられる理由の一つだと思います。

威怪薬の材料だったイブキ(10巻80話)は似た身上ですし、オグマもルイを買ったときの言動から財閥の跡取りの立場でつらい思いをしてきたように見えます。

子供作れない+相手いない+愛が深い(母性?)⇒トランスジェンダーな気もしますね。

ルイは草食・肉食、オグマは男女の二律背反で悩んでいるとか?

 

ヘビーな過去を持ちつつも、随一のリアクション芸を持つルイ。

シシ組加入以降、ちょっとずつ明るくなってきた気がします。

問題児たちの面倒を見るのに疲れている感じもありますが、色んな経験を積んでかっこいい大人に成長してほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました