ジャニーさんの葬儀に貸し切りバスで参列?家族葬の場所や時間はなぜわかった?

9日にくも膜下出血のため87歳で亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の葬儀が、12日に家族葬で行われるそうです。

その葬儀の場に一部のファンが貸し切りバスで押しかけてジャニーさんの葬儀に参列しようと企てていると物議をよんでいます。

また、貸し切りバスでジャニーさんの葬儀に参列しようとするファンは、なぜ葬儀の場所は時間を知っていたのでしょうか?

気になりましたので調べてみました。

スポンサーリンク

家族葬に貸し切りバスでの真相は?

このような呼びかけがツイッターで出回っています。

このツイッターは「カイキング」とのアカウントで貸し切りバスでジャニーさんの葬儀に参列をしようと企画されています。

家族葬がおこなわれている斎場の前にバスを停めて、バスの中から?

もしかしたら自分たちで献花台を作って?

お参りをしようとしたのでしょうか?

実際にそんなことをされたら、ジャニーズ事務所に迷惑がかかる話ではないかと思うのですが・・・

今回の貸し切りバスでジャニーさんの葬儀に参加しようとする企画は「カイキング」さんという人の呼びかけとなっていますが、この「カイキング」というアカウント名も、実は乗っ取りであり、実際に「カイキング」さんは関係ないとの声もネット上では上がっています。

ことの真相はどうなのでしょうか?

家族葬の斎場はどこ?

貸し切りバスでジャニーさんの葬儀に行こう!としていたということは、少なくとも葬儀の場所や時間を知っていたということですよね。

ジャニーさんの告別式が行われる斎場の場所は時間などは発表はあっていませんので、都内のどこか?とまでしかわかりません。しかし、なにかしらの方法で葬儀の場所や時間を知っていたということになります。

場所の報道はありませんでしたが、斎場の様子は、

白いコチョウランなど、ジャニーさんが好んだ花が並べられた祭壇には、遺影を囲むように色とりどりのパネルが設置されている。パネルには所属タレントで“長男格”の近藤真彦(54)や、SMAPなど解散したグループを含め、初代ジャニーズから現在のジャニーズJr.のユニットまで歴代の“息子たち”の名前が書かれ、郷ひろみ(63)、田原俊彦(58)の名前も並んだ。遺影は「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」などに認定されたギネスブック12年版に掲載されたものと同じ、キャップにサングラス姿の顔写真を使用。10日には会場内でミラーボールが回るように光がきらめく様子も見られた。

(Yahoo!ニュース)

と報道されていました。

スポンサーリンク

元ジャニーズの参列は?

故ジャニー喜多川社長が入院をしたときには、入院したとのお知らせが稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の新しい地図の3人には伝わっていなかったとのことです。

また、報道では

「 通夜・告別式についてはタレントたちとJr.のみで「家族葬」を行う。 」

と報道されていました。

この「タレント」というのは、現在、事務所に所属しているタレントだけなのでしょうか?

退所しているとはいえ、新しい地図の3人もジャニー喜多川さんに育てられたタレントであることはマチガイありません!

せめて葬儀は元ジャニーズ事務所の仲間として参列をさせて欲しいと願っています。

ネットの反応は?

家族葬とした意味が分からないのか?

貸し切りバスでジャニーさんの葬儀に行こう!という企画は本当なのか?

いたずら目的なのかは不明ですが、このような話題が上がること自体がファンとしては許せないようです。

その気持ちはとてもよくわかります。

ジャニーさんの葬儀について、ジャニーズ事務所がわざわざ「家族葬」と発表していたのがなぜなのか?

そのことを考えると、貸し切りバスで葬儀に押しかけようなどとは思わないはずです。

ジャニー喜多川社長が親で、タレント・・・いや、ジャニーさんは生前にタレントという言葉が嫌いだったとの逸話もありますので、ここではあえて、ジャニーさんが育てたスターたちが子どもとして、考えて、わざわざ「家族葬」という表現をしていたのではないでしょうか?

大切に育ててくれた大好きな親を子どもとして、親からもらった愛情やかけてもらった言葉などの思い出に浸りながら、静かに見送らせてあげたいとは思わなかったのでしょうか?

家族葬」という意味をよく考える必要があるのでは?と思いました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました