チェンソーマン3話のネタバレ!早川先輩とやりあったデンジは同じ部隊で大丈夫?


少年ジャンプの異色作『チェンソーマン』

怒濤の1、2話を経て新展開を見せる第3話、まだまだ勢いの留まらないチェンソーマンの魅力をネタバレを交えてご紹介していきます。


公安の犬として前途多難のデビュー戦を果たしたデンジ。

3話ではついにデビルハンターの同僚が登場します。

名前は早川アキ

 

彼はどんな人物なのか? デンジとは上手くやれる?

 

早川アキとデンジ、マキマを巡る恋模様もあったりなかったり…


第3話のネタバレ感想、その魅力に迫っていきます。

 

スポンサーリンク

デンジが公安で働く動機は?

 

マキマへの恋心、というか下心?のようです!

 

前回マキマに「デンジくんみたいな人がタイプ」と言われてすっかり舞い上がるデンジ。

公安の東京本部を案内されるもうわの空、マキマとそういうコトがしたい妄想でいっぱいです。

生きるため、まともなごはんを食べるため。

晴れてそれ以外の働く意義を見つけ、人間として一歩文化的になりました。

全然良い傾向には見えないのがこわいです。

 

イケメンの早川先輩登場!

 


同僚として紹介された3年先輩の早川アキくん。

 

黒髪イケメン。好青年。

まるでデンジと正反対の雰囲気を持っています。

今日は彼と一緒に仕事をするようにと送り出されるデンジですが不満むき出し。

巡回に出てからもマキマに男はいるのかと尋ねるばかりでやる気の欠片も見えません。

アキはそんなデンジを路地裏に呼び出し、


ドオッ


無言で殴りつけます(ここのスピーディーで容赦ないひとコマは必見)。

事態をろくに把握していないデンジにとどめの二撃目を加えた後、タバコをふかしながら「お前仕事やめろ」と言い放ちます。

理由は、軽い気持ちでデビルハンターやる奴はどうせ死ぬから、です。

「お前さ…マキマさん目当でデビルハンターなったろ」

ピンポーン、とデンジ。

アキはデンジに吸い殻とツバを吐きかけ去っていきます。

その後ろ姿にデンジは、

容赦なく蹴り! しかも金的!

卑怯。これは卑怯です。

思わず倒れ込むアキに追撃の蹴りを何度も。

しかも金的。

「俺は! 男と! 喧嘩する! 時ゃ! 股間! しか! 狙わねえ!」

アキの二発に対して少なくとも八発は蹴りを入れているでしょうか、いっそ清々しいですね。

身動きもとれないアキを見下ろしながら、デンジは今日起こった夢みたいな出来事を語ります。

初めてうどんを食べ、フランクフルトを食べ、人並みの扱いを受けられた、と。


「俺は軽〜い気持ちでデビルハンターなったけどよぉ、この生活続ける為だったら死んでもいいぜ」


初対面の人間にボコボコにされ血を流しながら、そんなことはなんでもないというように笑うデンジ。

いつもギリギリの場所で生きてきたデンジには、仕事へのプライドなんてただの贅沢でしかないのかもしれません。

 

スポンサーリンク

デンジげ早川先輩と同じ部隊に配属!!!

 

殴り合いの末、本部に戻った二人。

「仲良くできそう?」とマキマに訊かれ、

デンジ「全っ然」

アキ「こいつクズですよ…」

と散々です。

しかしそれを見たマキマは上手くやれると判断したようで、デンジをアキの部隊に所属させることを決定
します。

もちろん抗議するアキにマキマは全く取り合いません。

鶴の一声で公安を辞めずに済んだデンジですが、もちろん良いことばかりではなく。

人間でありながら悪魔にもなれるデンジには特別措置がとられることになりました。


公安を辞職したり違反行動があった場合悪魔として処分される


つまり辞めずに済んだというか、辞めたら殺す、と暗に言われたわけです。

どういうことか? と尋ねるデンジにマキマは答えます。

「死ぬまで一緒に働こうってこと」

 

デンジと早川先輩の意見が一致?

 


本部をあとにした二人。

デンジはアキに「マキマさんって悪い人なの?」と問いかけます。

アキはマキマを諦めろと告げたあとに、


「いい人に決まってる……俺の命の恩人だ…」


表情の見えない背中でそう言いました。

どうやらアキもマキマのことが好きなようです。

その点では、妙に意見が一致してしまう二人でした。

 

正反対の二人を虜にしてしまう女性マキマ。

彼女の得体の知れなさが更に深まる一幕でした。

 

チェンソーマン3話の感想は?

 


新キャラのイケメン早川アキくん。

綺麗な顔立ちでデンジをボコボコにする二面性から始まりましたが、終わってみると苦労性な一面が覗いて共感しやすそうな人物像でした。

 

というか、

デンジは主人公ながらあまりにも共感ができないキャラクターなんですよね。

生い立ちが特殊すぎるため価値観がぶっ飛んでいるのです。

何をしでかすかわからない、見ていて楽しいキャラクターではあるのですが、かっこいいと言うにはげんなりするくらい俗っぽい。

 

その点アキはかっこよくて仕事ができて、けれど苦労性、抱えているものもある様子で、上司(マキマ)に淡い恋心を抱いている——適度に自分を重ねられ、憧れにもなる主人公的キャラクターです。

最近少年マンガでは、読者が共感しやすいキャラクターと物語を引っ張っていくアクの強いキャラクター、二人を置いて物語に幅をつける作品が見られます。

 

わかりにくいですが、アキもデンジと対を為す、もうひとりの主人公なのでは?

 

そんな予感をさせる第3話、早川アキの登場回をぜひご覧ください!

 

タイトルとURLをコピーしました