ドクターストーン4巻各話のネタバレ!硫酸を命がけでゲット!

ドクターストーン4巻各話のネタバレ!コーラ1本でゲンと薄っぺらの同盟?

 

さて、前回「ドクターストーン」3巻で電気を手に入れた科学王国民。

 

コーラ1本で薄っぺらの同盟でゲンを仲間に引き入れることができました!

その後も順調に近視用レンズ、ラボを手に入れます。

硫酸を手に入れるために千空たちは硫酸湖に命懸けで挑みます。

命懸けで硫酸を手にし、抗生物質の完成に一歩近づきます。

特訓と材料採取で科学王国民の絆も深まってきました!

とうとう御前試合も始まりましたが、試合前に千空に「苗字」を尋ねるルリは何を知っているのでしょう。

 

さて、4巻ネタバレ、まとめていきましょう!

 

スポンサーリンク

ドクターストーン第26話「薄っぺらの同盟」

 

ゲンが石化から解けたのは10日前、起きてすぐに司から千空が生きていないか確認をするよう仕事を頼まれたのでした。

 

スイカはゲンが敵か味方か混乱しますが、千空はただのコウモリ男だが、ゲンに偽情報を流させないと司には勝てないと言います。

 

味方になれとクロムが説きますが、ゲンは自分の損得しか関係ないと躱します。

 

その夜 ゲンは何者かに襲われましたが、血のりを仕込んだガードで一生を得ます。

 

翌朝 看病していたゲンが消えたことで動揺する科学王国民でしたが、千空はゲンがこっちの味方についたことを確信していました。

 

前の晩にゲンの「コーラを1本作ってくれ」という頼みを了承した千空は、世界一薄っぺらの同盟だと笑いながら、科学駆使して作っといてやろうと言うのでした。

 

ドクターストーン第27話「とある科学者の願い」

 

ゲンを殺そうとしたのは「マグマ」でした。

コハクの強さは妖術のせいだから、妖術使いを殺せばコハクも倒せると思っての行動で、手品を披露したゲンは千空と間違えて殺されかけたのでした。

 

マグマは一世代に一度開かれる「御前試合」で自分を倒したコハクを恨んでいます。

また、御前試合は巫女の夫を選ぶ儀式なので、女のコハクが優勝したことで来月仕切り直されることになっています。

 

ルリに薬を飲ませるには「薬の完成」と「御前試合で優勝して夫になる」ことが必要です。

 

クロムには戦闘力がないのでコハク・金狼・銀狼を戦闘チーム、千空・クロム・スイカを科学チームに分けて作業を進めることになりました。

 

ルリのことが好きなクロムは、夫になれなくてもいいから生きて欲しいと願うのでした。

次に必要なのはガラスです。

それが手に入ればスイカの素顔も拝めるぞと、スイカマスクをはぎ取る千空でした。

 

スポンサーリンク

ドクターストーン第28話「CLEARWORLD」

 

マスクを外したスイカは可愛らしい顔でしたが、すぐに顔をくしゃくしゃにします。

 

「ボヤボヤ病」で無理やり見ようとして目をすぼめてしまう、マスクを被ると見易いのだとの説明に、千空が近眼だと診断します。

 

ガラスの原料「珪砂」に貝殻の「炭酸カルシウム」と「焼いた海藻」と方鉛鉱の「鉛」を加え、クリスタルガラスが完成しました。

 

磨きをかけたレンズをスイカマスクにはめ込む千空。

 

スイカは世界がクリアに見えることに感動するのでした。

一方 特訓中の金狼は踏み込みが一歩浅いとコハクに叱られます。

 

二人きりになった時「ボヤボヤ病」だから仕方ないと銀狼がフォローしますが、言い訳をする気はないから誰にも言うなと釘を差す金狼なのでした。

 

ドクターストーン第29話「SENKU’S LAB」

 

ルリの薬を作るにはまともな器具を揃えたラボが必要です。

 

うまくガラスの容器を作ることができず困っているところに、クロムが職人の「カセキ」を連れてきました。

 

コハクの背負っている盾や村のつり橋も彼が作ったものです。

 

協力などしないというカセキでしたが、千空たちの不器用な工作を見ていられず手を出してしまいました。

 

大量のビーカーやフラスコを揃えたラボが完成しました。

 

様子を見ていた戦闘チームの金狼と銀狼が、褒美に金銀の槍を作れと言い出します。

最難関素材を採りに行くために銀の槍だけ作ってやるという千空。

 

即死もあり得る危険度MAXエリアで命を張ってもらうとの言葉に汗をかく銀狼でした。

 

ドクターストーン第30話「DEATH GREEN」

 

銀メッキの槍を手に入れた銀狼は、浮かれる間もなく護衛にされ、温泉地帯にきました。

 

銀の槍をセンサー代わりに進む一行はエメラルドグリーンの泉に辿り着き、着いた途端に黒ずんだ銀の槍と、飛び込んだカラスが骨になるところを目にします。

 

泉の正体は「硫酸」で、文明時代にも硫化水素の死亡事件があったほどの危険物です。

 

ガスマスクを手製しますがどのくらい有効かは分からないし、失敗=死です。

 

万が一 千空が死んだときのために科学知識をクロムに伝授するという千空。

 

死の緑の泉には一人で向かうつもりなのでした。

 

ドクターストーン第31話「背中合わせの仲間たち」

 

自分が死んだ時のために科学知識をクロムに伝授するという千空。

 

クロムは「『これで友達が死んでもOK』なプランに手は貸さない」と反発します。

 

コハクも以前、「ルリが死んだときのために巫女の仕事である『百物語』を継げ」というルリと父である村長の命令を無視したことがあるのでした。

 

百物語には様々な知識がこめられていて、巫女は村に代々語り継ぐ責務があります。

 

以来、ルリの気力の糸を切らないよう父の嫌うやんちゃ娘になったコハクは、クロムに共通点を感じ「姉も君に嫁げば幸せであったが、天は君に戦闘力を与えなかった」と、代わりに私が嫁になろうかと冗談を言います。

 

クロムはルリはお嬢だけどコハクはゴリラだろと返し、ボコボコにされてしまいました。

 

手製ガスマスクは竹から作った活性炭に炭酸カリウムを浸み込ませたものです。

千空とクロムはお互いに背中を合わせて、タッグで硫酸採取に向かいました。

 

ドクターストーン第32話「BRAIN&HEART」

 

銀の槍の黒ずみやカラスの死を怖がる銀狼は、護衛役を怖がって村に残ります。

 

灰で銀の槍を還元させたクロムと千空は、2人きりで硫酸湖にやってきました。

「ビビれば死ぬ」と恐怖心を抑えて作業を開始します。

 

一方、ラボでカセキに愚痴る銀狼は「怖がりは長生きの秘訣」とフォローをされ、却って使命感に駆られます。

 

カセキはうっかり作りすぎてしまったと3つ目のガスマスクを置いて立ち去りました。

場面は硫酸湖に代わります。

 

千空のガスマスクが外れそうなことを伝えようとしたクロムが泉に落ちそうになり、死を覚悟したところで目の前に銀の槍が差し出されました。

 

追いついた銀狼が槍でクロムを支えたのですが、重くてくじけそうです。

千空とクロムに励まされ、「頭とハートで恐怖に克つ」と力を振り絞った銀狼。

一行は無事に硫酸を手に入れました。

 

ドクターストーン第33話「ヤベー薬」

 

最難関素材を手に入れた今、必要なものはほとんど揃いました。

硫酸に塩を加えて煮込んで、「塩酸」を手に入れました。

 

塩酸に硫酸湖で採った湯の花を加えて「クロロ硫酸」を手に入れました。

塩水を電気分解して「水酸化ナトリウム」、尿から「アンモニア」を手に入れました。

 

材料のヤベー薬っぷりに憤るコハクでしたが、千空は冷静に返します。

 

あとは酒から「重曹」「アニリン」「無水酢酸」を作るだけなので、酒を造ろうとしますが、カセキから御前試合に勝てば手に入ると言われます。

 

当日 試合に参加することになった千空に荒れる村人たちでしたが、ルリだけは「彼のことを悠久の昔から知っていた」と言うのでした。

 

ドクターストーン第34話「謀略の御前試合」

 

初対面の千空にルリは苗字を尋ねます。

「いし」と言いかけたところで倒れるルリの姿に、いよいよ時間がないと一行は焦ります。

 

クロムの特訓姿を目にしたコハクは「睾丸は積極的に叩くべきだ」と肯定しました。

 

科学王国民からは金狼・銀狼・コハク・クロム・千空が出ているので、金狼がマグマと別ブロック、コハクがマグマとすぐ当たるように祈りますが、真逆になってしまいました。

 

千空が用意したドーピングを銀狼が全部食べてしまったのでスイカが採りに走ります。

 

それを見て、マグマの手下「マントル」が吐いた「スイカが川で溺れている」の言葉に、コハクが助けにいってしまいました。

 

試合開始前に帰ってこないとコハクは失格になります。

 

卑劣なマグマに憤った金狼は「貴様の薄汚れた我欲とは背負うものが違う」と強烈な一撃を叩き込むのでした。

 

ドクターストーン4巻のまとめと感想

 

いよいよ薬の完成も間近、御前試合も始まり、ルリへの投薬まであと少しです。

 

材料採取や特訓で科学王国民たちの絆も深まり、良い調子で話が進んでいるので、なんとか御前試合も勝って欲しいですね。

 

ようやくルリと千空も言葉を交わし、気になる発言をしていました。

 

村の様子を見るに「苗字」の文化はなさそうなのに、なぜルリは知っているのでしょうか。

ルリを治すことで、話は解明しそうですね。

 

組み合わせが最悪な御前試合に、科学王国民は勝つことができるのでしょうか?

また、ルリは何を知っているのでしょうか?

 

次巻はどうなる?!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました