山口県警20代女性巡査が出会い系で処分!過去には風俗で処分の女性巡査も


女性警察官が出会い系アプリで知り合った複数の男性と金額を示して交際したとして懲戒処分を受けたということです。

処分を受けたのは、山口県山陽小野田署の20代女性巡査とのこと。


女性巡査?


いつもの警察の不祥事かぁ~とながめていたら「女性巡査」との文字に思わず2度見しちゃいました。


以前にも山口県警で同じようなことがあったような記憶がありましたので、調べてみました。


出会い系でアプリで処分!

報道による今回の女性巡査が処分をされた概要は以下のとおりです。


処分までの経過は

山陽小野田署に所属している20代の女性巡査が金額を提示して複数の男性と交際したとのことです。


男性たちとはスマートフォンの出会い系アプリを使って出会っていたそうです。


女性巡査は4月1日付で減給10分の1を1ヶ月の懲戒処分を受けていますが、同日に依願退職をしています。


山口県警の見解は?

警察官の不祥事を担当している県警の監察官室によると、女性巡査は昨年5月から8月にかけてスマートフォンを使用し、出会い系アプリで出会った男性複数と交際をしたとのことです。


複数の男性と交際をしていたときに、女性巡査は金額を提示していたとのこと。


金額を示すって「売春?」

と思ってしまいましたが、山口県警は売春には言及していないようです。


今年の2月に監察官室に女性巡査が相談したことで、全容が発覚したようです。


懲戒処分の理由は?


「出会い系アプリを使って知り合うこと自体が警察官として不適切と判断した」

とのことです。

過去には風俗店勤務で処分も

今年の1月に同じ山口県警ですが、下関署の女性巡査が風俗店でアルバイトをして報酬を得ていたとして処分を受けています。

その時も今回と同じように減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受け、処分が出ると同時に依願退職しています。

この女性巡査は福岡県内の派遣型風俗店でアルバイトをして約8万円の報酬を得ていたとのことです。


 昨年11月に山口県警に女性が風俗で働いているとの情報提供があり、女性巡査に確認をしたところ


「生活費の足しにしたかった」

と、風俗店で働いていることを認めたとのことでした。


この時、山口県警は

「再発防止に向け、指導を徹底したい」

とコメントを出していましたが・・・。

まとめ

女性巡査が複数の男性と出会い系アプリを使って交際をしたことで懲戒処分を受けていたことについて調べてみました。


しかし、警察の処分の理由が


金銭を提示して交際をした


ではなく

出会い系アプリを使って交際をしたこと


出会い系アプリを使って処分をされるとしたならば、この処分を知った全国約29万6千の警察官はドキッとしているかもしれません。

金銭を提示しての交際としか報道されていませんので、売春なのか?買春なのか?についてはわかりませんでした。

山陽小野田署で処分を受けた女性巡査は、複数の男性と交際していたようですが、きっと魅力的な女性だと思いますので女性巡査の顔画像がとても気になります。

それにしても、ネットで出会い系で処分とはキビシイのでは?と批判的な意見もたくさん出ているようでした。

それにしても、今回の2件は犯罪というわけではありませんでしたが、犯罪を犯している警察官もおり、警察官の不祥事はいつまでたってもなくならないものです。

きっと、多くの警察官は、警察官になるための試験を申し込んだときには「正義のため」「悪い人を捕まえるゾ」などココロザシをもって試験に臨んだはずと思います。

テレビの「警察24時」などに出てくるまじめな素晴らしい警察官もたくさんいるなか、一部の警察官が起こした不祥事が、まじめにガンバっている警察官の評判を落とすことにならなければいいなと思っています。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました