母の日に花以外でよろこばれる実用品2019おすすめランキング5選

イベントのはなし

5月の第2日曜日は母の日です。


いつも、お世話になっているお母さんにどんなプレゼントをあげようか?と悩んでしまいますよね。


母の日といえば、カーネーションが定番ですが、お花をプレゼントするのも照れくさいし、どんな花を贈ればいいのか悩んでしまいます。


そこで、今年はお花以外のいつも身のまわりにあって、いつも使う実用品をプレゼントしてみませんか?


母の日にお花以外のプレゼントで喜ばれる母の日のプレゼントをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

花以外の実用品おくりもの5選

お財布


なんといっても一番身近でよく使うものといえばお財布


一言に財布と言っても「折財布」「長財布」「がま口」など様々な形があります。

毎日使うお財布だからこそ、使いなれた形のものがイチバン!

そこで、選び方のポイントは


いまお母さんが使っている財布と同じ形のものを選ぶようにしましょう。


いま、お母さんはどんな形のお財布を使っていますか?

もし、がま口を使っているのなら、簡単にポンっと開けられるがまぐちの財布になれているのに、ファスナー型の長財布に変えると、開け閉めのたびに面倒に感じられるかもしれません。

そのため、お母さんに気持ち良く財布を使ってもらうためにも、出来るだけ同じような形のものを選びましょう。


また、素材や色を選ぶときの注意点は

お母さんの好みがハッキリわかっているのであれば、お母さんの好きな色や素材で選ぶこともよいと思います。

はっきりと好みがわからない!

という時には、今もっている財布と同じ素材や色合いの財布が無難かもしれません。


でも、気分を変えたい!とか黄色は金運がよくなるらしい!とか、お母さんがつぶやいていたら、今持っているおサイフと違う色や素材のお財布をプレゼントしても喜ばれると思いますよ。


パスケース


電車通勤でお勤めをしているお母さんであれば、パスケースもオススメです。

今では定期券といってもICカードが主流ですので、改札で「ピッ」とかざして通るだけです。

そこで、パスケースを選ぶときのおすすめポイントは

なんといっても使い勝手の良さ!
改札を抜けるときにバッグからスムーズに取り出せるようにバッグの肩紐などにつけることができるようなひも状のストラップなどがついているパスケースがおススメです。

お母さんが普段使っているバッグに合わせて、出し入れがしやすい形状のものが良いと思われます。

また、素材や色を選ぶポイントとしては


お財布と違って、お母さん自身の使い勝手にあまり左右されることなく、色や素材を選ぶことができます。

パスケースの出番は改札を抜けるときのほんの一瞬。


そのため、思いきって明るい色のものを選ぶなど少し遊び心があるセレクトをしてもいいかもしれません。


使うのは一瞬としても、子どもからのプレゼントって、やっぱりうれしいもの。


毎日の通勤で改札を抜けるたびにプレゼントされたことを思い出し、ちょっとニヤニヤしちゃいそうです。


日傘


コレから夏が近づき、日ごとに陽射しが厳しくなる季節になりますが、そこで紫外線が気になるのは女性共有の思い。


ということで、UV対策の定番、日傘をプレゼントするのはいかがでしょうか?


日傘と言っても、折り畳み式や晴雨兼用のものまでたくさんあり、どれをプレゼントすればよいか迷ってしまいます。


そこで、喜んでもらえる日傘選びのポイントは

お母さんが普段、どんなシーンで日傘を使っているかを参考にしましょう。

まずは、

電車をよく使ってお出かけをするお母さんの場合


軽量の折り畳み式日傘がオススメ。


しかも、これからの季節、思わず夕立に出会ってしまうこともあります。

そんな突然の夕立にも困らないように、プレゼントする日傘は、晴雨兼用のものがよいでしょう。

電車で移動するお母さんの場合は、他にも荷物を持つことを考えると、できるだけ重さの軽い日傘を選ぶなど、重さや機能に重点をおいて日傘を選ぶようにしましょう。


車を運転してお出かけをよくするお母さんの場合

デザイン優先の日傘がおススメ


主な移動手段が車なら、わざわざ、日傘を折り畳むことはしませんし、晴雨兼用にこだわる必要もありません。

そのため、日傘自体のデザインを優先して、ちょっとオシャレな日傘をプレゼントするのはいかがでしょうか?


機能重視、デザイン重視、いずれかのポイントでお母さんが使いやすい日傘を選ぶと喜ばれること間違いなしです。





ストール



これからの季節、外気温が日に日に暑くなるにつれ、反比例するかのように室内の冷房は強くなっていきます。

特にオフィスや電車の中などで冷房が効きすぎていても、温度調整をすることができず、凍える思いをすることがあります。


そんなときに、手元にあると助かるのがストールです。


軽くて温かいし、なんといってもオシャレ。


少し寒がりのお母さんならとても喜ばれるプレゼントです。


ストールを選ぶ時のポイントとしては、ズバリ「色」です!


お母さんの好みの色がわかっているのなら、好みの色を中心にデザインを選ぶのがよいでしょう。

お気に入りの色のものを身に着けるのって、意外にもテンションが上がります。
上気分で仕事ができ、いつもよりパパーッと仕事が片付いてしまうかもしれません。


もし、お母さんの好みがわからない場合は、顔色が明るくなるように暖色系のものを選ぶとよいと思います。

職場で、派手な色はちょっと・・という場合には、暖色系でも淡い色のストールを選ぶとあまり派手さもないのでよいと思います。


冷房での冷えは、意外にも体に負担をかけ、体調を崩すきっかけになりえます。

そのため、今年の夏はストールでオフィスや電車の中でも冷え知らずの夏を過ごしてもらってはいかがでしょうか?



パジャマ


日常的に使うもので自分でなかなか買わないものの定番といえばパジャマ


毎日、お休みするときには着ていますし、お風呂から上がって、翌朝、外出着に着替えるまでの間は、ずっとパジャマで過ごすなど、意外にもパジャマで過ごす時間も長いもの。


パジャマで出かけることもないし、パジャマ姿でお客さんをお迎えすることもそうそうないはずです。


そのため、パジャマ選びのポイントは

思い切ったデザインのパジャマを選んでみましょう!

例えば、お母さんの好きなキャラクターや動物などが大きくプリントされたものなど


自分では選ぶのに勇気はいるけど、着てみるとカワイイ!

そんなデザインのパジャマを選んでみてはいかがでしょうか?

ただ、基本的にパジャマは寝るときに身に着けるものですので「きごこち」は大切にしたいもの。

デザインも大事ですが、心地よい眠りのためにパジャマを選ぶときには、素材にもこだわって選ぶようにしましょう!


まとめ


母の日に花以外の実用品をプレゼントをするのなら、なにがよろこばれるものについてご紹介をしてきましたがいかがでしたでしょうか?


いくつかのプレゼントをご紹介いたしましたが、よろこばれるプレゼント選びに共通しているのは

「お母さんを観察していること」

普段どのようなバッグを使っているのか?好きな色は?気に入っているキャラクターは?

などなど、お母さんが好きなことを知っているとプレゼント選びがグッと楽になりますので、この機会にお母さんをよく観察してみてはいかがでしょうか?

とはいっても、子どもからのプレゼントであれば、高価なものでなくてもいいですし、どんなものでも

「子どもからプレゼントをもらった!」

そのことがうれしいものです。

子どもからもらったプレゼントって、もったいなくて、なかなか使えないんですよね。

私も昨年の誕生日に子どもからもらったハンドクリームを使うのがもったいなくて、チビチビ使っていました。

そうしたら、ぜんぜん減らないハンドクリームを見た子どもは、私がそのハンドクリームが気に入らないのかと思ったようで、別の香りのハンドクリームを子どもからプレゼントされました。

子どもは子どもで、自分がプレゼントしたものがちゃんと使われているか、気になるようです。

今でも、ハンドクリームはもったいないから、チビチビ使っているんですけどね(笑)


日常的に使うものをプレゼントするのは、実用性もありよろこばれるものですが、やはり、プレゼントは花束がいい!といわれるかたは、カーネーションもいいのですが、花言葉で「ありがとう」の花束をプレゼントするのはいかがでしょうか?



言葉でなかなか感謝を伝えにくい、照れくさいというかたにピッタリだと思いますので、ご検討をされてみてください!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました