新しい地図の地上波復活に向け民放の藤島ジュリー景子への忖度が消える?

17日に公正取引委員会が元SMAPのメンバーである草彅剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんたち「新しい地図」の3人が出演する番組やテレビ局に圧力をかけたとして独占取引法違反のおそれがあるとジャニーズ事務所が注意を受けたとの報道がありました。

しかし、この報道に対してジャニーズ事務所は圧力をかけていないと否定をするコメントを出しています。

ジャニーズ事務所が圧力をかけていないのならば、テレビ局側がジャニーズ事務所に対して忖度をしていたのかもしれません。

そうなると、ジャニーズ事務所への忖度がなくなり、新しい地図の稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人が地上波に戻る可能性がぐんと上がるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所に公取委が独禁法違反で注意?

17日までの間に公正取引委員会がジャニーズ事務所に対して独占禁止法違反の疑いで注意を行ったとのことです。

公正取引委員会がジャニーズ事務所に対して行った注意の内容は

「元SMAPのメンバーでジャニーズ事務所を退所して独立をした稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんたち3人をテレビに出演させないよう、ジャニーズ事務所が民放テレビ局に圧力をかけたことが独占禁止法違反につながる可能性がある」

とのことです。このことが、独占禁止法で禁じている

「芸能活動に必要な契約を阻止するなど不当に妨害する行為を禁ずる」

という内容に抵触する可能性があるとのことです。

公正取引委員会がジャニーズ事務所に対して注意を行った今回の件は

「芸能人の移籍問題について公正取引委員会が独占禁止法違反に言及したのは初めてのケース」

となるようです。

独占禁止法違反っていえば、昔、学校で習ったカルテルや談合など、業者が話し合って値段を吊り上げたり、販売価格を下げないように圧力をかけたりするなど、商品の売買での話は聞いたことがありました。

しかし、今回のように芸能人にも適用されることもあるのですね。

ジャニーズ事務所の反論は?

新しい地図への圧力をかけたとの報道に対してジャニーズ事務所は

弊社が公正取引委員会より独占禁止法違反につながるおそれがあるとして注意を受けたとされる報道につきましてご報告申し上げます。
弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません。
とはいえ、このような当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います。

とのコメントを出しています。

唐突ですが、ジャニーズ事務所は圧力をかけていないと思います。

元々、歌手としての活動のほかにもバラエティやドラマでも活躍をしていたSMAPですので、当然、新しい地図の3人もバラエティやドラマでも活躍をしていました。

3年前のSMAPが解散し、草彅剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんたち3人は、ジャニーズ事務所を退所し、元マネージャーの飯島三智さんが経営する芸能事務所で独立をしました。

しかし、その時から3人が出演していた番組が次々に打ち切りとなり、とうとう、3人が地上波でみることができなくなりました。

現在もCMでは地上波でみることができますが、番組出演はありません。

そのため、ジャニーズ事務所が圧力をかけたとしたならば、3年前に3人が独立した時に圧力をかけていたものと思われます。

しかし、地上波の番組には出ていないものの数々のCMに起用され、地上波で3人の姿を目にする機会は多くなっています。

ジャニーズ事務所の所属タレントの数と比較しても、新しい地図の3人のCMの起用数は多いのではないかと思われます。

もし、本当にジャニーズ事務所が圧力をかけていたとするのなら、多分CMにも起用されていなかったと思いますし、今のような活動は出来ていなかったかもしれません。

そう考えると、ジャニーズ事務所に対するかなりの忖度をテレビ局側が行っていたということになります。

スポンサーリンク

藤島ジュリー景子に対する忖度がなくなる?

ジャニー喜多川さんが亡くなったことで、次の社長はジャニー喜多川さんの名にあたる藤島ジュリー景子さんが新社長に就任が決まるようです。

一説によると藤島ジュリー景子新社長は、独立や退所に対してとても厳しい態度をとると報じられていました。

今回のジャニー喜多川さんの葬儀も家族葬としたのは、藤島ジュリー景子氏の意向が働いているとの話もあります。

家族葬にすることで、現役にタレントしか参列できなくなり、退所したタレントが参列できないように圧力をかけたのでは?との憶測が飛んでいます。

確かに、新しい地図の3人が参列すれば、それはジャニーさんの葬儀ではなく、SMAPの再結成の話題となり、葬儀のイメージが損なわれる可能性があると思えます。

しかし、それは葬儀の演出上の話であって、今回の問題となっている独禁法違反とは違うとと思います。

今年の4月30日に新しい地図の3人がAbemaTVで例話のカウントダウン番組に出演していたとき草彅剛さんが地上波に出演していないことに対して

『確かによくわからない大人の事情とかもあるのか、まだ僕らはみんなが望む場所になかなか到達できていない面もある。でもこれだけは言える。僕らはみんなのおかげでものすごく今、生きている』

とコメントをして話題となっていました。この時の

「大人の事情」

というのが、ジャニーズ事務所に対するテレビ局各局の忖度のことだったのかもしれません。

しかし、今回の公正取引委員会の調査により、芸能事務所がテレビ局などの制作側に対する圧力に対して目を光らせると宣言されたようなものと思います。

そのため、今後はジャニーズ事務所をはじめ、芸能事務所に対するテレビ局の忖度が消えるかもしれません。

特にジャニー喜多川さんという大きな求心力を失ったジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子氏に対する忖度も今後は薄れてく可能性が十分に考えられると思います。

新しい地図の3人が地上波に復活?

新しい地図の3人は、テレビ局の忖度により、地上波で番組こそ出てはいませんでしたが、CMに起用する企業もあり、3人が活躍する場は失われていませんでした。

これまでに2018年末にかけて福岡県のローカル局で一時期、バラエティー番組「略してブラリク」に出演していました。福岡エリア限定の地上波放送でしたが、メルカリが制作協力しておりアプリ内で無料配信もされていました。

これからは、ジャニーズ事務所に対する忖度もなく、新しい地図の3人を民放各局が起用することができるようになると思いますので、近いうちに地上波に全国放送で活躍する3人の姿が観れるようになるのではないでしょうか?

最後に

ジャニーズ事務所が公正取引委員会から独占禁止法違反の恐れがあるとして調査を受けたことで

今後は忖度なしでタレントを起用することができるようになったともいえます。

ジャニー喜多川さんが亡くなって新しい地図の3人がジャニーさんの葬儀に参列できるのか気になっていましたが、結局は出来なかったようです。

しかし、今後、お別れ会などを企画しているようですので、そのお別れ会には3人が出席できるようにしてほしいと思いました。

もし、ジャニーさんのお別れ会に新しい地図の3人をはじめ、退所をした元ジャニーズ事務所の面々が参加できたとしたら、その時こそ、本当に「圧力はなかった」と言えるのではないでしょうか?

テレビ局の忖度がない新しいテレビの時代で、また、新しい地図の3人と地上波で会えることもとても楽しみにしています。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました