関門海峡花火大会2019で一尺五寸玉の打上げ場所と時間は?穴場な見学スポットは?

イベントのはなし

毎年恒例の関門海峡花火大会の季節がやってきました。

今年はいつもに増して暑い日が続いていますが、こんな時はきれいな花火を見て、暑さを忘れて暑い夏を乗り越えていきましょう!

さて、関門海峡花火大会の目玉といえば、一尺五寸玉の大花火の打上げです。

メインの花火ですので、人並をかき分けてでも見たい!そう思ってしまうのも不思議ではありません。

2019年の関門海峡花火大会で一尺五寸玉が打ち上げられるのは、だいたい何時くらいでしょうか?

また一尺五寸玉の打ち上げ場所や穴場見学スポットなども気になりましたので調べてみました。

スポンサーリンク

関門海峡花火大会とは?

関門海峡花火大会

  • 日 時:令和元年(2019年)8月13日(火)19:40開会
  • 内 容:19:40~開会式(門司側)
        19:50~打ち上げ開始
        20:50~打ち上げ終了後ステージイベント
  • 場 所:・山口県下関市唐戸あるかぽーと地区および22号岸壁周辺
         (JR下関駅から徒歩15分)
        ・福岡県北九州市門司区西海岸埋立地(JR門司港駅そば)
  • 打ち上げ数:15,000発(門司側7,500発 下関側7,500発)
  • ステージイベント:(門司側)観覧には別途チケットが必要。
    出演者(予定):はまけい・音楽戦士ビート・めいどりーみん・池端克章

福岡県北九州市門司区と山口県下関の間にある関門海峡で毎年行われている「関門海峡花火大会」で動員数は両県合わせて100万人を超えるといわれている夏の風物詩です。

海に浮かべられた台船の上から打ち上げられるため、海峡の海岸線のどこからでも花火を見ることができますが、やっぱり花火は間近で迫力たっぷりに見たいもの。

そんな人のために「有料の観覧席」もありますが、花火大会が近くなるとほどんど席が埋まってしまいますので、購入は早めのほうがよいかもしれません。

また、打ち上げ数も下関側と門司側が7,500発ずつ、合計15,000発と西日本最大規模であり、日本でも有数の打ち上げ数を誇っています。

一尺五寸玉はどのくらい大きい?

出典:一般財団法人下関21世紀協会

関門海峡花火大会の見どころは、なんといっても海の上に浮かべた台船から打ち上げられる大型の花火。

直径450m~500mにわたって広がる「1尺5寸玉」が打ち上げられます。安全に打ち上げられるためには、花火が広がる距離の安全距離を取る必要があるため、あまり打ち上げられる花火大会は少なく、海の上に広がる大輪の花火が見どころの一つになっています。

通常の花火大会で打ち上げられるもので最大のものは直径が5寸(約14.3cm)の5号玉と言われるものが打ち上げられるのが一般的。

その5号玉は重さが約1.2kgもあり、実際に打ち上げられると高度190mの高さで様々な色の花火が直径約85mにわたり広がり、私たちの目を楽しませてくれています。

また、場所によっては「尺玉」と呼ばれる大きさの花火も打ち上げられてはいますが、関門海峡花火大会で打ち上げられれるのは、尺玉よりも大きな「一尺五寸玉」

一尺五寸玉は15号玉と呼ばれ、花火自体の大きさは直径が約44.2㎝にもなります。

それだけ大きな花火玉ですので、重さも30kg以上と桁違いの重さとなっています。

その30kg以上の重さの花火が高度約450mの高さまで打ち上げられ、直径約450mにわたって大輪の花を咲かせます。

花火の上端部分は675mにも達しますので、東京スカイツリーの高さが634mですので東京スカイツリーよりも高い高度まで上がっているとはすごいですね!

450mにもわたり広がる一尺五寸玉ですが、近くでみていると自分の詩や以上に花火が広がりますので、空一面に花火が広がって見えます。

スポンサーリンク

一尺五寸玉の打ち上げ場所はどこ?

出典:一般財団法人下関21世紀協会

関門海峡花火大会で一尺五寸玉が打ち上げられるのは下関側です。

下関側の22号岸壁会場の前に浮かべられた打ち上げ用の台船から一尺五寸玉は打ち上げられます。

さすがに450mにわたって広がる一尺五寸玉ですので、万一、低い高度で爆発をしたとしても安全な距離を保つためには、関門海峡花火大会の会場で陸上から打ち上げられるのは難しく、海の上から打ち上げられることとなっています。

一尺五寸玉が打ち上げられるのはいつ?

出典:一般財団法人下関21世紀協会

一尺五寸玉の打ち上げは、関門海峡花火大会の最後の大トリとして打ち上げられます。

当日の下関側の打ち上げスケジュール

  19:50 オープニング
       復興祈願花火 フェニックス
  19:53 音楽花火
  20:03 水中花火
  20:07 突堤からの打ち上げ花火
  20:14 水中花火
  20:21 水中花火
  20:33 突堤からの打ち上げ花火
  20:35 水中花火
  20:37 音楽花火
  20:42 一尺五寸玉打ち上げ

以上のスケジュールで打ち上げられます。

花火大会のフィナーレを飾る打ち上げとなっていますので、見逃したくないですよね

一尺五寸玉は予定通りであれば20時42分から打ち上げられることとなっていますので、見逃したくない方は時間を気にしておく必要があると思います。

一尺五寸玉の穴場スポットは?

一尺五寸玉は、下関側の22号岸壁の前に浮かべられた台船から打ち上げられますので、一尺五寸玉が見える穴場スポットをご紹介したします。

巌流島(下関側)

巌流島と言えば、宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った場所として有名な島ですが、関門海峡花火の絶景穴場ビューポイントでもあります。

なんといっても、一尺五寸玉の打ち上げ場所から、何も遮るものがなく、一番近くに見えるポイントですので、大迫力の一尺五寸玉を味わうことができます。

しかし、難点は島ですので、船でしか行けないこと。

花火が上がっている時間とその前後の時間は関門海峡は船の航行が禁止されます。

そのため、昼間の間に島に渡り、花火が終わっても船が迎えにくるまで待っておかないといけないので時間に余裕が必要です。

海峡ゆめタワー(下関側)

海峡ゆめタワーの展望室は136mです。

関門海峡花火大会当日は23時まで営業をしていますので、展望室から花火を見ることも可能です。

その高さから見る花火は、目前に花火が見えますので、地上から見る花火とは違った姿で見えることと思います。

また、展望室は冷房が効いていますので、暑さからも解放され快適に花火見物ができます。

しかし、展望室はガラス張りですので、音が伝わりにくく音の迫力が足りないと感じるかもしれません。

片上海岸(門司側)

門司側であれば、一尺五寸玉の打ち上げ場所に近くて見通しがいい片上海岸がおススメです。ホームセンターの駐車場がありますが、駐車場はほとんど満車となっている可能性があります。

JR小森江駅から歩いて20分程度ですので、片上海岸で一尺五寸玉の打ち上げをみたい場合は、車ではなくJR小森江駅から歩いて片上海岸まで移動することをおススメします。

まとめ

関門海峡花火大会のメインイベントとなっている一尺五寸玉について調べてみました。

この時期は各地で花火大会が行われていますが、安全距離の関係で一尺五寸玉の花火をみることができる大会はあまりありません。

関門海峡花火大会は下関、門司の両方を合わせて100万人以上の観覧者が集まるイベントですが、海から打ち上げられる花火ですので、海岸線のどこからでも花火を楽しむことができます。

さすがに近くでみようとすると大勢の人の中でみることになりますが、人混みが苦手な人は少し離れたところから引いた構図で下関側と門司側の両方の花火を楽しめるぽいともありますので、それぞれに合わせた楽しみ方ができるのも魅力の一つです。

当日にメイン会場に行こうとしても、メイン会場付近の門司港駅付近には駐車場がないため、門司港を中心として渋滞が発生します。

そのため、どうしても車で行きたい場合は渋滞を回避する方法を調べたうえで行かれることをおススメします。

夜とはいえ、まだまだ気温が十分高いですので、水分を確保して熱中症対策はしっかりとされて花火を楽しんでくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました