関門海峡花火2019の車で渋滞を回避する行き方と駐車場の穴場情報!

イベントのはなし

令和元年、2019年もお盆恒例の関門海峡花火大会が近づいてきました。

毎年、山口県と福岡県の両県合わせて100万人が見物に訪れています。

関門海峡花火大会を車で見に行きたいけど、駐車場あるの?

また、渋滞しない行き方や帰り方はないのかな?

といったかたのために関門海峡花火大会に車で渋滞を回避する裏道などの行き方や穴場な駐車情報などもお知らせいたしますのでご参考にしてください。

スポンサーリンク

関門海峡花火大会2019の見どころは?

関門海峡花火大会

  • 日 時:令和元年(2019年)8月13日(火)19:40開会
  • 内 容:19:40~開会式(門司側)
        19:50~打ち上げ開始
        20:50~打ち上げ終了後ステージイベント
  • 場 所:・山口県下関市唐戸あるかぽーと地区および22号岸壁周辺
         (JR下関駅から徒歩15分)
        ・福岡県北九州市門司区西海岸埋立地(JR門司港駅そば)
  • 打ち上げ数:15,000発(門司側7,500発 下関側7,500発)
  • ステージイベント観覧には別途チケットが必要。
    出演者(予定)・はまけい・音楽戦士ビート・めいどりーみん・池端克章

福岡県北九州市門司区と山口県下関の間にある関門海峡で毎年行われている「関門海峡花火大会」で動員数は両県合わせて100万人を超えるといわれている夏の風物詩です。

海峡花火大会の見どころは、なんといっても海の上に浮かべた台船から打ち上げられる大型の花火。

直径450m~500mにわたって広がる「1尺5寸玉」が打ち上げられます。安全に打ち上げられるためには、花火が広がる距離の安全距離を取る必要があるため、あまり打ち上げられる花火大会は少なく、海の上に広がる大輪の花火が見どころの一つになっています。

海の上から打ち上げられるため、海峡の海岸線のどこからでも花火を見ることができますが、やっぱり花火は間近で迫力たっぷりに見たいもの。

そんな人のために「有料の観覧席」もありますが、花火大会が近くなるとほどんど席が埋まってしまいますので、購入は早めのほうがよいかもしれません。

また、打ち上げ数も下関側と門司側が7,500発ずつ、合計15,000発と西日本最大規模であり、日本でも有数の打ち上げ数を誇っています。

そんな「関門海峡花火大会」に車で行きたい!という方もいらっしゃるかと思い、車で快適に行ける方法はないものかと調べてみました。

関門海峡花火大会会場付近のの駐車場は?

(引用:関門海峡花火公式HP)

関門海峡花火大会会場付近には駐車場はありません!

  • 門司港地域
  • 国道3号線
  • 国道119号線
  • 国道2号線(関門トンネル)
  • 和布刈パーキングエリア(高速:九州道)

を中心として上下線とも渋滞をしますが、会場に車で向かっても会場付近には駐車場がないため、車を駐車することはまずできないを思われます。

チョット、わかり使いかもしれませんが、地図を作ってみました。

会場となるJR門司港駅に向かって、南側から国道3号線、国道119号線、そして北側からは関門トンネルを抜ける国道2号線の各方面から車が押し寄せてきます。

しかし、会場付近にはコインパーキングなどがあるにはありますが、駐車できる台数はかなり少なく、花火大会当日は朝から「満車」となっているところもあります。

つまり、会場に向かいそれぞれの方向から車は押し寄せてきますが、車を止めるところがないため、車は詰まるばかりとなってしまいます。

そのため、門司港駅を中心として大渋滞が発生し、全く動くこともない渋滞となるときもあり、車で会場までたどり着くことなく車の中で花火を見ることになるかもしれません。

いや、車の中から見えたならば、いいほうで、車のいる位置によっては全く花火は見えず、音だけ聞こえてきて終わってしまうという、なんのために来たのやら…といった結末になる可能性もあるのです。

関門花火大会に車で会場まで行くことは、かなり無謀だといえると思います。

スポンサーリンク

渋滞を回避する行き方は?

すでにお伝えをしたとおり、関門海峡花火大会のメイン会場に車で行くことは、おススメをしません。

そうすると、メイン会場に行くには公共交通機関を使っていくことになりますが、バスは道路が渋滞していることから、車で行く場合と同じ運命をたどってしまうことになりそうです。

そのため、どうしても車で行きたい場合は最寄りの駅の近くにあるコインパーキングなどの有料駐車場に車を停めてJR九州の電車で門司港駅に向かう方法が望ましいと思われます。

それでは門司港駅から近い順にみていきましょう

小森江駅

門司港駅まで往復で420円(片道210円)です。

また、JRを利用してメイン会場へ行く人が多いですので、小森江駅から乗車するときにはかなり電車が満員となっている可能性があります。

駅の前に駐車場がありますが、すぐに満車となりますので、昼間の早い時間帯かよほど運がよくないと駐車することは困難でしょう。

小森江駅付近のコインパーキング

〇リパーク門司区下二十町( 門司区下二十町6-1 ):7台
 JR小森江駅まで徒歩7分 500円/24時間

となっていますので、ちょっと厳しいかもしれません。

門司駅

門司港駅まで往復で420円(片道210円)です。

門司駅に隣接した立体駐車場と海側に市営駐車場がありますが、利便性がよい駐車場ですので、すでに満車となっている可能性が固いです。

そのため、駐車可能台数は少ないですが、門司区駅前にコインパーキングがありますので、ねらい目です。

門司駅付近のコーンパーキング

〇タイムズ門司中町( 門司区中町1 ):24台
 門司駅まで徒歩4分 60分200円 ※料金打ち切りあり

〇タイムズ門司駅前( 門司区柳町2-2 ):37台
 門司駅まで徒歩4分 600円/24時間

〇門司駅前駐車場( 門司区柳町1-3 ):17台
 門司駅まで徒歩5分 30分100円~ 

〇タイムズ門司柳町( 門司区柳町2-6 ):8台
 門司駅まで徒歩6分  500円/24時間  

〇リパーク門司柳町2丁目 ( 門司区柳町2丁目4-9):5台
 門司駅まで徒歩6分  100円/30分 

となっています。

門司駅からは下関にも門司港にも電車が出ていますので、どちらにも行くことが可能です。

門司駅を起点に今年は門司側から見物、来年は下関側から見物といった「ツウ」の花火見学をすることもできます。

小倉駅

門司港駅まで往復で560円(片道280円)です。

小倉駅を起点に関門海峡花火大会のメイン会場にJRを利用して見物に行くのであれば、早い時間に小倉駅付近について「まんが図書館」や「あるあるcity」でお買い物を楽しむのもよいかもしれません。

小倉駅の周りにはコインパーキングをはじめ、たくさんの駐車場がありますので駐車はできる可能性は高いと思います。

小倉駅付近のコインパーキング

〇トラストパーク小倉駅北 ( 小倉北区浅野3-9-17 ):453台
 小倉駅まで徒歩4分 24時間800円

〇あるあるCity2号館駐車場 (小倉北区浅野2-14-3 ):912台
 小倉駅まで徒歩7分  24時間800円

〇タイムズルネサンス小倉 (小倉北区浅野1-2 ):51台
 小倉駅まで徒歩5分 15分100円~ 

となっています。

小倉駅から電車で門司港駅まで行かれる方が多く、ホームでは混雑していると思いますので気を付けてください。

関門海峡花火大会の穴場な駐車場情報は?

コインパーキングを探してグルグルと駅の周辺を回るのもイライラするものです。

花火を楽しみに来ているのに駐車場がなくてイライラしては、せっかくのお祭り気分も台無しになってしまいます。

そこで、あらかじめ駐車場の予約ができるサービスがあればいいのにな・・・と思いましたら、予約制の駐車場がありました。

花火大会が近くなりますと、もうすでに予約でいっぱいになっている可能性はありますが、もし空いていて予約できてたならラッキーです。

駐車場があるかないか心配をすることもなく、安心して花火大会に行くことができますね。

門司駅・小森江駅付近の予約可能な駐車場

akippa Qパーキング大里東2丁目2(門司区大里東2丁目12-1)
JR小森江駅まで徒歩9分 324円/日

akippa Qパーキング奥田1丁目(門司区奥田1丁目2-7):2台
JR小森江駅まで徒歩22分 324円/日  ※軽自動車のみ

akippa Qパーキング寺内5丁目(門司区寺内5丁目2-1):2台
 JR門司駅まで徒歩24分 324円/日 ※ワンボックス可

タイムズのB UR都市機構柳団地駐車場(門司区高田1丁目11番)
 JR門司駅まで徒歩6分 400円/日 ※公団住宅内

タイムズのB UR都市機構藤松団地駐車場(門司区藤松1丁目3番)
 JR門司駅まで徒歩28分 400円/日 ※市営住宅内

以上がJR九州門司駅及び小森江駅で予約可能な駐車場となります。

駐車場の予約の詳細については、各駐車場を管理しているサイトにお問い合わせ、空き情報を確認してください。

いずれのサイトもアカウントを作成し、予約したい日付が空車だったら予約してクレジットで決済をする

という流れになるようです。

駐車場によっては、駅から遠いところもありますが、昼間の時間帯であれば、駅付近までバスで移動することも可能だと思われます。

予約制駐車場であれば、予約した日付であれば出し入れが自由ですし、その日一日は使い放題ですので、渋滞に巻き込まれなければギリギリの時間でも駐車場は確実に用意されていることはとても魅力的です。

まとめ

関門海峡花火大会に車で行く場合、渋滞を避けてメイン会場へ行く方法や穴場の駐車場についてお知らせをしてきました。

当日は、電車での移動でもかなりの混雑が予想されます。

また、メイン会場付近は見物客でかなりごった返しています。

有料席でなくてもいい、近くでなくてもいいから、ゆっくり花火が観たいという方は、少し離れていても、あまり見物客がいない穴場スポットから関門海峡花火大会を見学するのもよいかもしれません。

関門海峡花火大会は、下関側と門司側のそれぞれで打ち上げられる花火大会ですので、少し離れてみることで、両方の花火が作り出す構図を楽しむこともできます。

夜とはいえ、まだまだ気温が十分高いですので、水分を確保して熱中症対策はしっかりとされて花火を楽しんでくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました