関門海峡花火大会2019のステージイベント出演者の画像は?めいどりーみんも登場?

イベントのはなし

関門海峡花火大会と言えば、当然、下関、門司の両方を合わせて15,000発が打ち上げられる花火がメインですが、花火の打ち上げ時間の前後に行われるステージイベントも見どころの一つとなっています。

2019年の関門海峡花火大会で行われるステージイベントの出演者は誰が出るのか?

どんなグループや歌手が出るのか?画像は?

といろいろと気になりましたので調べてみました。

スポンサーリンク

ステージイベントスケジュール

(MC池端克章)
17:50~ 松山 彩夏
18:10~ 平尾 康之耀(ひらお やすたか)
18:30~ めいどりーみん
18:50~ シンガーViVi
19:10~ SmileSmile
19:30 ステージイベント終了
19:50~20:40 関門海峡花火大会
21:00~ 池端克章

ほぼ20分間隔で出演者が入れ替わるスケジュールになっていますので、その分、多くのパフォーマンスを楽しむことができます。

花火が始まる前と終わってからの余韻を覚ますのにしっとりとして歌声に身をゆだねてみるのもよいかもしれません。

MC池端克章

2019年の関門海峡花火大会のステージMCは、毎年恒例となっています北九州市出身のシンガーソングライターの池端克章さんです。

池端克章さんは、阪九フェリーテーマソング「旅の始まり」も作られており、阪九フェリーに乗ると流れていますので、耳にしたことがあるかもしれません。
MCとしてだけでなく最後には歌手としても登場する予定ですので、 池端克章さんが作詞作曲をされた関門海峡花火大会公式テーマソング「SKY FLOWER」も生歌で聴けると思います。

スポンサーリンク

松山 彩夏  

松山彩夏さんは、魅力的な高音でポップス、ソウル、R&B などの数々の楽曲を聴かせてくれる実力派の歌手です。

福岡県行橋出身の松山彩夏さんですが、現在は北九州を中心にライブ活動を行っており、わっしょい百万夏まつりなどの様々なイベントに出演されていますので、一度は魅惑の高音ボイスを耳にされたことがあると思います。

また、福岡市内でもイベントでの出演のほか、バーやライブカフェなどにも出演されています。

ステージからの花火にも負けない松山彩夏さんの高音なパワフルボイスが心にしみわたることと思います。

平尾康之耀 (ひらお やすたか)

平尾康之耀さんは、ひらお やすたかさんと呼びます。フリガナがないとなんとお呼びしてよいのか迷ってしまいます。

とてもやさしい声質の平尾康之耀さんは、広島出身のシンガーソングライターです。

全国のイベントなどにも出演しながらライブ活動をされています。

平尾康之耀さんのやわらかな歌声に包まれて花火が上がるまでの夕涼みの時間をお過ごしください。

めいどりーみん

「めいどりーみん♪ めいどりーみん♪ 美味しくな~れ!萌え萌えきゅーん」

という歌を秋葉原に行ったことがある方なら耳にしたことがあると思います。

「めいどりーみん」とは秋葉原を中心として渋谷や名古屋、大阪、そして小倉、天神と日本にとどまらず、タイにも出店している日本一のメイドカフェです。

メイドカフェで恒例の料理を届けたときなどのパフォーマンスはもちろんのこと、「めいどりーみん」では、給仕をしているメイドさんたちがステージで歌って踊ってのライブが楽しめるのも魅力的。

関門海峡花火大会のステージイベントに5名のメイドさんが登場する予定です。

ひま(小倉あるあるCity店)

みぃと (小倉あるあるCity店)  

みる (小倉あるあるCity店) 

 やっこ(天神西通り店)

ねるる(天神西通り店)

シンガーViVi

北九州市戸畑区出身のシンガーViViさんさんです。

伸びがあり、パワフルな声で観客を魅了します。

今年の6月9日に地元の北九州芸術劇場では単独ライブも開催されており、”世代を超えて楽しめる”をコンセプトに、全国各地のイベントや、ホテルでのディナーショーなどで活躍中です。

シンガーViViさんの力強いボーカルが夕暮れの関門海峡に響き、暑さも吹き飛ばしてくれるかもしれません。

SmileSmile

THE YELLOW MONKEYのカバーとオリジナル曲で構成しているバンドです。

今回は魅惑的な踊りで知られているバリーダンスとのコラボレーションが楽しめるとのことです。

花火が打ち上げられる直前のライブパフォーマンスで気分もアゲアゲで盛り上がって、花火を楽しめそうですね!

まとめ

関門海峡花火大会のステージイベントでだれが出演するのかについて調べてみました。

どのアーティストも魅力的ですでじっくり聞きたい気がしました。

花火大会のイベントとしてではなく、音楽フェストして開催してくれてもいいのでは?と思ってしまいました。

今回のステージイベントでお気に入りのグループや歌手が見つかったならば、ライブに行ってみるのいいかもしれませんね。

そうはいってもメインは花火大会ですので、他の花火大会ではなかなか目にすることのない一尺五寸玉も打ち上げられますので、ゆっくり花火を楽しんだ後もステージパフォーマンスを味わって、少し渋滞が引いたところで帰宅するのが関門花火のツウの楽しみ方になるかもしれませんね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関門海峡花火の渋滞を回避と穴場駐車場情報

タイトルとURLをコピーしました