怪物事変の第5巻のネタバレとあらすじ!雪里の双子の兄弟の運命はどうなる?

怪物事変の第5巻のあらすじ紹介は、雪里の双子の兄弟のお話です。

 

ネタバレですが晶は雪里での双子の兄「結(ゆい)」と生活を送っていました。

 

怪物事変第5巻で明かされる晶と結、双子の兄弟の雪里での生活、そして兄弟が抱える運命について、ネタバレ覚悟であらすじをご紹介いたします。

 

晶に何があったのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

怪物事変【第16話】夏羽の長い1日

 

怪物事変の第16話は、夏羽の、一日がとても長く感じる事件が軸になります。

 

この日、隠神探偵事務所では依頼が多く舞い込み、織と晶も動員されます。

 

そんな中で隠神は、夏羽に言います。

 

「一人で依頼やってみる?」

 

夏羽の初単独任務です。

 

仕事用のケータイをもらい、夏羽は単独任務に向かいます。

 

 

夏羽の初仕事の内容は、首無という怪物の頭探しです。

 

幸いなことに、頭はすぐに見つかったので、夏羽は持ち主に返します。

 

「よし。完了だ」

 

帰ろうとした夏羽でしたが、首無と一緒にいたところを、小学生に撮影されてしまいます。

 

「撮れた!」

 

嬉々とする小学生のユーマを見て、夏羽は焦ります。

 

怪物は人間世界に紛れて、静かに暮らしています。

 

隠神からも、

 

「人間には見つかるなよ」

 

と言われていました。

 

歓喜の声を上げ、去ろうとするユーマ。

 

そのユーマのランドセルを捕まえる夏羽。

 

「お願い、待って!」

 

 

公園に行く二人。

 

どうやらユーマはユーチューバ-になりたいらしい。

 

しかも良い動画が撮れないことから、仲間外れに遭っているという。

 

だが、怪物たちを不特定多数の人間の目にさらすことはできない。

 

葛藤する夏羽。

 

「おにーさんって、さっきみたいな人(首無)のほかに知り合いいるでしょ?」

 

「! いない」

 

とっさに嘘をつくも、嘘が苦手な夏羽。

 

嘘がばれてしまいます。

 

夏羽はユーマが帰るまで、じっとして良い動画を撮らせないようにします。

 

しかし運悪く、野火丸や晶、紺、織一家と遭遇してしまい、次々に能力がばれてしまいます。

 

すると、あたふたする夏羽に気づいた織が、ユーマを蜘蛛の糸で拘束します。

 

余計、能力がばれてしまうことに。

 

もはや隠し通せないと悟った夏羽。

 

ふと、夏羽はユーマに言います。

 

「ユーマさんが動画を撮ってしまうと、俺の仲間に迷惑がかかります。仲間外れはいけないけ

ど、ユーマさんの仲間って、そういうものなの?」

 

 

しばらくして、公園で気を失っているユーマのところに、ユーマを仲間外れにしている友達がやってきます。

 

「動画、撮れたか? じゃないと仲間外れだぞ」

 

「……なんか、どうでもいいや。自分の力で有名になるよ。じゃ」

 

ユーマはそう言って、帰って行きます。

 

 

野火丸と分かれて、家に帰った夏羽と織と晶。

 

仕事が全部片付いたと、喜ぶ隠神。

 

その日の夕飯はピザになりましたが、成長期の三人のピザ代で頭を抱える隠神でした。

 

 

 

怪物事変【第17話】再会

 

フードを被った目つきの悪い男と、酔っぱらった男たちが路地でもめています。

 

酔っぱらっている方の男たちが言います。

 

「さっきぶつかっただろ! クリーニング代……飲み代ちょうだい!」

 

「飲み代って言ってるし!」

 

けらけら笑う酔っぱらった男組。

 

フードを被った男が、酔っ払い喚く男の胸に手を当て、全身を凍らせます。

 

 

某日。

 

隠神探偵事務所では、晶の悲鳴から始まります。

 

「人形のにいさんが……! 腹が裂けてるー!」

 

どうやら、晶が「兄」と呼んでいるアルパカの人形の腹部が裂けてしまい、綿が出ているようです。

 

すぐに夏羽と晶は、にいさんを連れてミハイのところに行き、修繕してもらいます。

 

ゲームがメンテナンス中で、ちょうど暇だったミハイは、にいさんにAI機能を搭載します。

 

『こんにちは。私の名前は?』

 

「やったー! 君はにいさんだよ!」

 

『わかりました。私の名前はにいさん』

 

事件は解決したように思われますが、晶に不吉なことは続きます。

 

何度挑戦しても、晶は仕事でミスばかり。

 

怒る織。

 

悪気はないけど、悪意と捉えてしまえる発言をする、夏羽。

 

とうとう、家出する晶は、そこでフードの目つきの悪い男と遭遇します。

 

男は、晶の双子の兄の、結でした。

 

 

「こらこら、晶はどこだ?」

 

晶の置手紙を見つけた隠神は、何事だと言わんばかりに夏羽と織に言います。

 

事情を話す、夏羽です。

 

 

その頃。

 

「やったー! 兄さんと会えた!」

 

晶は女の子みたいに、実兄と会えた喜びを表現します。

 

二人は人目のつかない森の中に行きます。

 

「ここに家を作る。どんな家が良い?」

 

結に、晶は言います。

 

「お城がいい!」

 

すると結が氷の能力を使い、洋風というより日本風の城を作ります。

 

テンションが上がる、晶。

 

早速、SNSを更新するために写真撮影をする晶。

 

その手から、結はケータイを取り上げて、凍らせて壊します。

 

「な、なんで?」

 

結は城から出て行きますが、氷の能力で扉を凍らせてしまい、にいさんと閉じ込められてしまう晶。

 

 

晶がいないと、何かとうまくいかない夏羽と織。

 

晶の大切さに気付く夏羽と、考えを改める織。

 

状況が好転したことに、内心嬉しく思う隠神。

 

すると隠神のパソコンに、近くの森で氷の城が出現したという情報が届きます。

 

隠神探偵事務所は現場に行くと、そこで結と出会います。

 

結の胸には、勾玉のような石が埋め込まれてあります。

 

 

 

スポンサーリンク

怪物事変【第18話】死をもたらす石

 

夏羽は結の胸の石を見て、自分の持つ命結石と似ていることに気づきます。

 

隠神が説明します。

 

「あれは、零結石だ! 雪里に保管されているはずだ! なんでここに!」

 

「答えない」

 

結が晶の実兄と気づく、三人。

 

 

一方、氷の城に閉じ込められている、晶。

 

帰ってきた結。

 

「晶が欲しがっていた家具ができた。来い」

 

「え、ほんと!」

 

るんるんと素直に喜び、兄についていく弟。

 

そこにあったのは、凍っている夏羽と隠神と織。

 

再び、出て行く結。

 

晶は呟きます。

 

「し、死んだの!?」

 

『生きていますよ』

 

そばにいた、アルパカのにいさんが言います。

 

ハイテク機能満載のにいさんが言うには、三人とも凍っているものの、生きているという。

 

晶も思い出します。

 

「あ! 夏羽君は不死身だった!」

 

しかし、今の自分ではどうにもなりません。

 

結が帰ってきます。

 

昔の結とは違うと感じている晶は、みんなを助けようと考えます。

 

 

外では、飯生と野火丸がやってきます。

 

「あの馬鹿狸は死んでないといいけど」

 

 

結がいなくなった隙に、晶はなんとか氷を融かそうとします。

 

すると、夏羽が自力で表面の氷を壊します。

 

「晶、帰ってきて」

 

しかし、みんなを助けるために、晶は夏羽に冷たく接します。

 

冷たく接し、晶の目から流れる涙は氷なので夏羽には気づかれません。

 

帰ってくる結に、晶は、

 

「ほかのところに行きたい!」

 

と訴えて三人を放置します。

 

残された夏羽のところに、飯生がやってきます。

 

 

外に出た晶と結。

 

晶を人質にしようとした野火丸ですが、結は晶を氷の檻に入れてしまいます。

 

戦闘になる、結と野火丸。

 

 

 

怪物事変【第19話】炎の屍

 

「なんでこんなことに!」

 

氷の結と炎の野火丸が戦闘を繰り広げています。

 

野火丸が一瞬出遅れて、殺されそうになります。

 

その野火丸に加勢するのは、夏羽です。

 

夏羽の不死身を活かして、野火丸は夏羽の身体を燃やします。

 

夏羽の身体は再生するので、全身の炎は燃え尽きません。

 

炎の身体となった夏羽と結は戦います。

 

それを知り、利用する結は、自らに氷の鎧をまとわせます。

 

激しい戦いの中で、夏羽の炎の一撃が結を狙います。

 

そこに、氷の檻から脱走した晶が兄を庇います。

 

結が死にそうなのは、胸にある零結石だと知った晶は、それを取ろうとします。

 

「僕らは双子だから、なんでも半分こだよ!」

 

その言葉を聞いた結が、昔を思い出します。

 

 

雪の、吹雪に覆われた里。

 

結と晶の故郷であり、まだ二人が幼い頃の話。

 

100年に一度しか男が生まれないはずなのに、男の双子が生まれました。

 

結と晶です。

 

女たちは、不吉と見る一方で、どちらを里の長にするか話し合っています。

 

すると、発言力のある氷雨という女が言います。

 

「先に精子が出る方だ。その方がいい」

 

 

怪物事変【第5巻】のまとめ

 

ついに出ました、晶の兄さんこと結!

 

今巻は夏羽の一日や、晶の過去に触れるシーンなど、見どころ満載でしたね!

 

晶の過去に触れるところでは、雪里の事情が見え隠れしました。

 

晶とは違い、逞しくかっこいい結兄さん!

 

クールで能力を使いこなせている結と晶に、何があったのか?

 

「兄さん、様子が違う」

 

と感じる晶は、疑問を解くことができるのか?

 

この後の展開が楽しみです!

 

結と晶に何があったのか!

 

次巻を、乞おうご期待!

コメント

タイトルとURLをコピーしました