池袋暴走被害者家族が訴える自主返納の感動動画と高齢運転者の事故原因

旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)の車が赤信号を無視し暴走し、松永真菜さん(31)と、長女の莉子ちゃん(3)が死亡、10人が負傷した事故に対して、松永真菜さんの夫の会見が反響を呼んでいます。

この事故を機に、高齢者の運転についての問題点が浮き彫りとなっていますが、高齢者の運転の危うさや問題点、そして認知症との関連について考えてみました。

高齢となっても運転をやめることができない理由はそれぞれにあるかと思いますが、今回の事故のように大きな事故を起こしてからでは、取り返しのつかないことになります。

大きな事故を起こす前に免許証の自主返納をすることが得策だと思います。

しかし、周囲から見て危険な運転をしていても、運転に自信があるという高齢者も少なくなく、なかなか自主返納に応じてくれないケースも多いかと思います。

でも、危険を感じたら迷わずに免許証の自主返納をすることが必要と思います。

ネクスコ東日本の自主返納をテーマにした感動の動画もあわせてご紹介をしたいと思います。

 

松永真菜さんの夫の会見

松永真菜さんの夫は会見の中で高齢運転者に対してメッセージを伝えています。

「最愛の妻と娘を突然、失い、涙することしかできず絶望しています。娘がこの先どんどん成長し、大人になり、妻と私のもとを離れ、妻と寿命尽きるまで一緒にいる。そう信じていましたが、たった一瞬で私たちの未来は奪われてしまいました。悔しくて悔しくて仕方がありません」

「この数日間、何度もこの先、生きていく意味があるのか自問自答しました。しかし、同時に今回の事故での妻と娘のような被害者と私のような悲しむ遺族を今後、絶対に出してはいけないとも思いました」

「危険運転をしそうになった時、亡くなった2人を思い出し、思いとどまってくれるかもしれない。そうすれば、亡くならなくていい人が亡くならずに済むかもしれない」 

「必死に生きていた若い女性と、たった3年しか生きられなかった命があったことを現実に感じてほしい。少しでも不安がある人は運転しないという選択肢を考えてほしい。それが世の中に広がれば、交通事故被害者が減るかもしれず、妻と娘も浮かばれると思う」

松永真菜さんのご主人は、気丈にも会見で高齢ドライバーによる危険運転に言及し、運転を思いとどまることを切実に訴えていました。

高齢運転者が起こした事故のまとめ

昨年2018年内に高齢運転者が起こした主な事故は以下のとおりです。

  • 85歳男性が運転する車が、県道を逆走し、女子高生2人をはね死傷させる

  • 75歳男性が運転するワンボックスカーが国道を逆走し、軽自動車と衝突し死亡。

  • 70代の元東京地検特捜部長が運転する車が急発進、店舗に突っ込み、歩道を歩いていた30代男性が巻き込まれ死亡。

  • 高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違え、店舗に突っ込み2人がけが。

  • 80歳女性が運転する軽自動車が暴走し歩行者2人をはねて1人が重傷

  • 76歳女性が動き出した自分の車に巻き込まれ重体。サイドブレーキのかけ忘れが原因。

  • 90歳の女性が運転する車が信号無視、横断歩道にいた4人をはね死傷させる。

  • 79歳男性が運転する車がブレーキとアクセルを踏み間違え特別支援学校の校舎に突っ込む。

  • 高齢者が運転する軽乗用車が逆走、車2台が正面衝突し軽乗用車に乗車していた高齢夫婦2人が死亡

  • 77歳女性が運転する車が逆走し、家族3人が乗る乗車と正面衝突。逆走した女性が死亡。

このように実際に起こって高齢運転者による事故事例を見てみると同じキーワードが出ていることに気が付きます。

「逆送」「踏み間違い」「暴走」「かけ忘れ」「信号無視」などが事故の原因となっていることがわかります。

それでは、なぜ「逆送」や「踏み間違い」などの現象が起こるのかについて考えてみたいと思います。

 

運転は複雑な手順が必要!

高齢者による事故の原因を探る前に車の運転をする時の手順について確認しておく必要があります。

例えば、車道を走らせている途中で反対車線にあるコンビニに前向きに駐車をしようとしたときの場合で考えてみると

車を駐車する手順

  1. コンビニの約30M手前から右ウインカーを点滅

  2. コンビニの前に合わせて減速し、一旦停止

  3. 反対車線の車、前後からくる歩道の歩行者や自転車などを確認

  4. 安全が確認できたら右にハンドルを切りながらゆっくりアクセルを踏み前進

  5. ハンドルを戻しつつ、駐車スペースに合わせながら車止めまで前進

  6. 車止めにあたる、車止めがない場合は駐車スペース枠内に入っていることをサイドミラーで確認しつつブレーキを踏み停止

  7. パーキングブレーキをかけ、ギアをパーキングに入れ、エンジンを切る。

実際の動作としては約10数秒以内に行っていると思われるが、ほんの短い時間に複雑な動作を何個もほぼ同時にこなさなければならないのです。


いまのは前向きに駐車をした場合でしたが、前向きに駐車した車を駐車場から出す場合には、もっと複雑になります。

車を出庫する手順

  1. 車のエンジンをかける。

  2. 車の周囲を確認

  3. ギアをバックに入れパーキングブレーキを解除

  4. ルームミラー、バックモニター、サイドミラー、目視で周囲を確認しながら車を後進させる

  5. 歩道や車道を行き来する車や歩行者を確認

  6. 安全が確認できれば、ハンドルを切りながらさらに車を後進

  7. 進行方向と平行になったところで、ギアを切り替え前進



前向き駐車をするときに比べ、確認動作が多くなっていることがわかるかと思います。

これだけ複雑な動作を短時間で行うこと、また、特に車をバックする時に目視で確認をする場合、身体を左右いずれかの方向にひねる動作が加わり、余計に複雑な動作となってしまいます。

このように車を駐車するという、自動車の運転の一部の動作を切り取ってもかなり複雑な動作を短時間の間に同時に行わなければならないことがわかりました。

複雑なことが苦手になる実行機能障害

認知症と聞いて、すぐに思いつくのは「ものわすれ」ではないでしょうか?

確かに「ものわすれ」は認知症の代表的な症状です。

しかし、その他にも「実行機能障害」といわれる症状があることをご存知でしょうか?


この「実行機能障害」とは、手続きの障害とも言われ、物事を順番道理に組み立てて行うことができなくなってくる症状のことなのです。

といっても、よくわかりにくいので、よく料理を例にとって説明をしています。

料理を作る!カレー場合

  1. 必要な材料をそろえる
  2. タマネギ、肉やニンジンなどを一口大に切る
  3. 斬った材料を炒める
  4. 炒め終わったら、決められた量の水を入れ煮る
  5. 材料に火が通ったら行った火を止め、ルーを入れる
  6. とろみがつくまで弱火でゆっくりかき混ぜながら煮る


かなり大まかですが、以上のような手順を踏んで料理をするわけです。

実行機能障害の症状とは

  • 目的のカレーではなく、みそ汁や肉じゃがなど他の料理を作ってしまう

  • 材料を切る時に大きさを理解できずに大きさがバラバラになる

  • 炒める目安がわからず、焦がしてしまう

  • 必要な水分量がわからずビシャビシャのカレーになる

  • 水分が少ない、水を入れずにルーを入れてしまいガチガチのカレーになる

などのことが起こってしまします。


つまり、私たちがカレーを作る場合、頭の中でカレーを作るための手順書を思い浮かべ、その手順書に従って、材料を切ったり炒めたりと料理を進めていくわけです。

消えていく手順書


しかし、認知症による実行機能障害があった場合、その手順書が間違っていたり、ところどころ抜けていたりするため、カレーを作ろうとしても、手順書があやふやな状態ですのでカレーが完成させることが困難となってしまうのです。

さすがに簡単な料理ができなくなるというのは、認知症の症状が進んだ状態といえます。

車の運転というもっと複雑な動作を行う場合、物忘れなどの認知症の症状が出ていなくても、実行機能の衰えがあった場合、運転動作を書いている頭の中の手順書が消えかかっている可能性があると思われます。


高齢運転者の事故原因とは?

そうやって、実行機能の衰えによって、頭の中の運転動作の手順書が消えかかっているとすれば、高齢運転者の事故が起きる理由もわかるような気がします。

しかし、実行機能の低下だけではなく

  • 視力、聴力の低下に伴う情報収集能力の低下

  • 目や耳から入ってくる情報処理能力の低下

  • 入ってきた情報を処理し動作に結びつける判断力の低下

  • 頭で考えていることと動作が伴わないなど身体動作を制御する能力の低下

などなどが、複雑に絡み合って事故は起こっていると思われます。

逆送事故の場合では

  • 車は左側走行という手順が消え、右側を走行

  • 情報収集能力の低下により自分が走行している車線を把握できていない

  • 判断力の低下により自分が危険な状態と判断できない

  • 判断力、情報分析能力の低下により車道の端に停車するなどの危険回避行動がとれない

などの原因により事故が起こっていると思われます。


繰り返しになりますが、車の運転はかなり複雑な動作の連続です。

また、動作の処理も判断も瞬間的に行う必要があるのです。

 

事故を起こす前に自主返納を


高齢者になると、自分で思っているよりも身体能力や認知機能、判断力などが低下してしまうことは避けることができない事実です。

そのため、短時間で複雑な情報処理と判断を連続して行う必要がある車の運転は、高齢になると困難になってくるのも当然です。


私は脳内年齢や体力年齢が実年齢より若い!といってもそれは一部の場面でしかないと思います。

決して過信することなく、大きな事故を起こす前に自主返納をすることをすすめます。


感動の運転卒業式!!!

私は、この動画を見て何度も泣きました。
いつか私も運転卒業式をする時が来ると思います。

そのときにはいよいよ運転ができなくなったとか事故を起こしたとかの理由ではなく、
この動画のように思い出の地を巡って、ちゃんと自分の気持ちにも整理をつけて免許証をおいて運転を卒業したいと思っています。

 

まとめ

痛ましい事故があり、ご遺族の切なるメッセージを受け高齢運転者のあり方が社会問題化してきています。

若い人、運転歴の長い40代や50代のひとでも、寝不足や病気などで判断力が低下しているときには事故を起こしやすいものです。

高齢になり判断力や実行機能が低下しているため、運転をすることは大変なリスクがあります。

一方、都市部でない限り公共交通機関がなく、危険を承知で運転をしなければならない高齢者がいることもわかります。


やはり「車は凶器」です!

自分の命、他人の命、人生、夢、希望、全てを奪う可能性が、車の利便性の裏には常にあることを自覚してハンドルを握る必要があると思います。

今後、痛ましい事故が起こらないことをお二人の冥福と併せてお祈り申し上げます。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました