ミタマセキュ霊ティ4話に登場した新キャラが暴露した恥ずかしい過去とは?

新連載として始まった「ミタマセキュ霊ティ」も、もう早いもので4話を迎えます。

ミタマセキュリティも4話になって、ついに新キャラ登場!

しかも、ミタマの恥ずかしい過去が新キャラから暴露されるという場面も!

ミタマの恥ずかしい過去とは?

スポンサーリンク

新キャラ!クロスソウヤ登場

 

さて今回の場面は晴れ空の休日、生まれつき霊を引き寄せる体質をもつヒロインの羽瀬玲奈(ハゼレナ)。

今日もいつものように彼女の後ろには100人を超える霊の行列ができています。

そしてそれを払おうとする主人公の御霊浄(ミタマ)の二人だが・・・

 

???

「相変わらずとんだチキンやろうだなあ・・・」 

「ミタマよ」

 

木の上に腰かけながら長髪の男がミタマに話しかける。

 

ミタマ「むっ」 「お お前は・・・!」

 

わなわなと震えながら、過去に何かあったのかと思わせる表情のミタマ。

 

ハゼレナ「あっミタマさんお知り合いですか どうぞごゆっくり」

 

新キャラ登場の重要なシーンにも関わらずまったく興味がなく、ハゼレナはスタスタと2人から離れて歩き出してしまう。

 

 

ミタマ「奴の名は黒須奏也(クロスソウヤ) セキュ霊ティ養成学校の同期だ」
「ちなみにセキュ霊ティ養成学校というのは一人前のセキュ霊ティ育成を目的につられた学校で毎年数多くのプロを輩出しているそんな学校だ」

 

ソウヤ「合格率は0.1%の狭き門 養成学校ですらその難関さ、プロになるのは非常に困難それが我々セキュ霊ティ」

 

この物語のキーワードでもあるセキュ霊ティの説明をしながらハゼレナについていく2人

ハゼレナの目は遠いところをみている。

 

ソウヤが現れた理由とは?

 

本来セキュ霊ティの本部勤務であるソウヤが今回現れたのは、街に100体弱の霊を引き連れた女がいるとの報告が入り、出動要請が出たとのこと。

 

ハゼレナ「えっ・・・それって私のこと?」

 

ミタマ「その報告をしたのは私だ この子は私とともに霊と戦っていくことを誓ったとも報告したはずだ!」

 

ハゼレナ「えっ誓いましたっけ」 

 

相変わらず二人の温度差は依然変わらない・・・

 

ソウヤ「お前じゃ力不足ってことだミタマ」

 

ミタマとソウヤはお互いに罵りあっている。その内容はとても醜くお互いの容姿を馬鹿にしあったものである。

 

いざソウヤが除霊!だが・・・

ソウヤ「女・・・お前の霊 俺のこの除霊槍“ロンリーサンシャイン”で全部祓ってやるよ 2分でな」

 

そう言いながら自慢の槍をヒュンヒュン振りまわす。

高い身体能力、学業も圧倒的トップの成績で豊富な知識と高いIQをもつソウヤであるが・・・

 

ミタマ「霊感が全くない」

ハゼレナ「えっ?」

 

全く霊のいない場所へ槍を振りまわすソウヤ、その勢いはすさまじいが全く除霊はできていない。

成績はいいのだが、霊感が無いがため本部でもっぱら事務作業をしているとの噂だ。

 

ミタマ「無理をするな ソウヤよ 私が本当の除霊というものをみせてやろう」

 

「ふうぅうん ふうぅうん」

 

そう言いながら腰をガクガクさせながら銃を放つミタマ、見た目が気持ち悪い。

 

だが全く霊に当たらないし、見てられない。

 

ハゼレナ「・・・セキュ霊ティってまともな人いないのかな?」

 

 

スポンサーリンク

ミタマの過去の恥ずかしい過去とは?

 

学生時代、“ミキちゃん”という明るく活発でクラスのマドンナ的存在の女の子がいた。

 

ミタマはそんなミキちゃんデートに誘い、そして雰囲気良さげなお店を予約したことをソウヤに対してドヤ顔で自慢してしまう。

 

しかしその店は綺麗な外観のただのファミレスだったことをソウヤに暴露されてしまう。

 

ミタマ「言うなぁー!!」

 

あまりの恥ずかしさ、ショックに伴い泣いてしまうミタマ。

 

 

そして泣くことの力を発揮するおなじみの覚醒状態になる。

 

ミタマ「ぬおおー 許さん! ソウヤ許さあーん」

真の力が引き出されて、銃を高速回転させる。しかし除霊は全くしない。

 

そして次はミタマがソウヤの暴露を始める。

 

なんとソウヤはマドンナのミキちゃんの誕生日に自作のラップをプレゼントしていたことをばらされてしまう。ソウヤ自身、記憶から抹消していたことをその時の歌詞を口ずさみながら口撃してくるミタマ。

 

ソウヤは足から崩れ落ちる。

 

まったく除霊しないミタマとソウヤ。

 

 それに飽きて帰りたがるハゼレナ。

 

むしろ霊側から・・・?

 

全く除霊に来ない2人にたいして、話し合いを始める霊たち・・

気遣って代表の1人の霊が二人に襲いかかる。

 

ハゼレナ「そんなことあるの?」

 

襲いかかった霊はソウヤの槍に挟まってぐるんぐるん回される、そして矢継ぎ早にミタマに頭をつかまれてぐるんぐるん回されている。

ハゼレナ「霊が・・・」

 

そのあまりの高速回転に、光を放ち・・・

 

真ん中に槍を持たせた霊。

 

その左に霊の方にもたれかかるミタマ。

 

霊の右側には座り込み点を仰ぐソウヤと良くわかんないけどなんかスタイリッシュな感じに口が開いてしまったハゼレナ。

異様な光景である。

 

一体も除霊できていないのに満足げなソウヤとミタマお

 

互いの腕を褒めあっている。

罵り合いながらもお互いを気にしていて、実は仲がよい二人であった。

 

「まあ新キャラだからね・・・」

 

捨て台詞を吐いて立ち去るソウヤ。

 

しかし翌日ハゼレナのマンションの隣に越してくる。

 

これからミタマとソウヤ、2人のポンコツセキュ霊ティに挟まれて生活するハゼレナであった。

 

⇒次号へ続く

 

 

「ミタマセキュ霊ティ」第4話の感想まとめ

 

第4話目の「ミタマセキュ霊ティ」ですが、今回は新キャラの登場とのことで、今までのメインとなっていた霊とのバトルではなくて、初めて対人のバトル?だったのではないでしょうか。むしろ霊側が気を遣ってくれて襲いかかるシーンは新しいなと思いました笑

ってかハゼレナの後ろについている行列の霊たちはみんな優しい霊ですよね。

 

私的には、他の学校とかの悪い霊とミタマが戦うシーンがかなり好きなので来週は、新キャラのソウヤとともに面白バトルシーンが見れることを期待しています。

 

さて「ミタマセキュ霊ティ」の鳩胸つるん先生ですが、私は以前のジャンプ+のアプリで連載をしていた「剥き出しの白鳥」からお世話になっております。

 

鳩胸先生の描くキャラって基本的に美男子なんですけど、その美男子が強烈な癖や行動をとるのが本当におもしろいですね。

「剥き出しの白鳥」は美男子で誰からも憧れられる生徒会長の白鳥飛(しらとりかける)というキャラが、実は放課後、全裸で校内を走りまくるごりごりの露出狂っていう話なんですけど、出てくるキャラがみんな露出に対して真剣にとりくんでるところがかなり面白く、私もすごく楽しんで読ませていただいた漫画でした。

 

まだ、ジャンプでの連載が始まって間もない「ミタマセキュ霊ティ」ですが、これからどんどん面白くなっていくことは間違いないでしょう。

「剥き出しの白鳥」なみの激しい感じは、少年誌の「ジャンプ」では出せないかもですけど、そのシュールでなんとも言えないギャグを楽しみにしています。

文章でギャグシーンを説明するのはかなり難しいので、ぜひぜひ読んでみてください。

 

 

漫画村の一件から「無料でマンガ読む」ことの危うさが問われています。

安心して安全に読むには、やはり有料でも安心して読めるサイトがいいに決まっています。

たった2分で登録できて、しかも1冊分が実質無料!

ってなったら登録して読んでみたくなりませんか?

まずは、31日間無料お試しからどうぞ!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました