新しい地図へ藤島ジュリー景子の暗黙の圧力?地上波への完全復活はあるのか?

事件・ゴシップ

ジャニー喜多川さんの家族葬が終わって、藤島ジュリー景子氏のもとで新体制での再出発を!と言っている矢先の17日に公正取引委員会が元SMAPのメンバーである草彅剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんたち「新しい地図」の3人が出演する番組やテレビ局に圧力をかけたとして独占取引法違反のおそれがあるとジャニーズ事務所に注意をしたとのことです。

新しい地図の3人に対して圧力をかけたとのことで公正取引委員会がジャニーズ事務所を注意をしたとのことですが、テレビ局や週刊誌などの出版社などに言わずとも暗黙の圧力をかけるというのは、芸能界ではよくある話のような気がします。

なぜ、藤島ジュリー景子新社長の新体制となったジャニーズ事務所はこのタイミングで独占禁止法違反という注意を受けることになったのでしょうか?

また、新しい地図の稲垣吾郎さん、香取慎吾さん、草彅剛さんの3人が全国版の地上波で番組に復活し、出演することはあるのでしょうか?

気になりましたので調べてみました。

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所に公取委が独禁法違反で注意?

17日までの間に公正取引委員会がジャニーズ事務所に対して独占禁止法違反の疑いで注意を行ったとのことです。

公正取引委員会がジャニーズ事務所に対して行った注意の内容は

「元SMAPのメンバーでジャニーズ事務所を退所して独立をした稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんたち3人をテレビに出演させないよう、ジャニーズ事務所が民放テレビ局に圧力をかけたことが独占禁止法違反につながる可能性がある」

とのことです。このことが、独占禁止法で禁じている

「芸能活動に必要な契約を阻止するなど不当に妨害する行為を禁ずる」

という内容に抵触する可能性があるとのことです。

公正取引委員会がジャニーズ事務所に対して注意を行った今回の件は

「芸能人の移籍問題について公正取引委員会が独占禁止法違反に言及したのは初めてのケース」

となるようです。

独占禁止法違反っていえば、昔、学校で習ったカルテルや談合など、業者が話し合って値段を吊り上げたり、販売価格を下げないように圧力をかけたりするなど、商品の売買での話は聞いたことがありました。

しかし、今回のように芸能人にも適用されることもあるのですね。

ジャニー喜多川さんの葬儀が終わったタイミングに疑問?

元々、歌手としての活動のほかにもバラエティやドラマでも活躍をしていたSMAPですので、当然、新しい地図の3人もバラエティやドラマでも活躍をしていました。

3年前のSMAPが解散し、草彅剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんたち3人は、ジャニーズ事務所を退所し、元マネージャーの飯島三智さんが経営する芸能事務所で独立をしました。

しかし、その時から3人が出演していた番組が次々に打ち切りとなり、とうとう、3人が地上波でみることができなくなりました。

現在、CMでは地上波でみることができますが、番組出演はありません。

そのため、ジャニーズ事務所が圧力をかけたとしたならば、3年前に3人が独立した時に圧力をかけていたものと思われます。

しかし、ジャニー喜多川さんの葬儀が終わったタイミングでの注意勧告。

「どうして、いまなの?」

って疑問符が浮かびます。

本来ならば、3人が次々に出演していた番組が打ち切りになったあたりで注意勧告があったのならば納得できますが、なぜ、今の時期に注意勧告をしたのでしょうか?

そのことについての真相は公正取引委員会が見解の公表をしない限りはわかりませんが、ジャニー喜多川さんの葬儀が終わったタイミングというのは出来すぎのような気がします。

新しい地図の3人以前にも同様に圧力をかけていた可能性もあると思いますので、なにも今回の元SMAPのメンバーだけに限ったことじゃないかもしれません。

そのため、ジャニー喜多川さんが存命中は、ジャニーさんの顔を立てて何も注意をしなかったが、ジャニーさんがいなくなったので、これからは遠慮なく会社に対してメスを入れていくよ!

と公正取引委員会が言っているのでは?と勘繰りたくもなります。

スポンサーリンク

新しい地図のへの圧力の陰に藤島ジュリー景子新社長の影?

ジャニー喜多川さんが亡くなったことで、次の社長はジャニー喜多川さんの名にあたる藤島ジュリー景子さんが新社長に就任が決まるようです。

一説によると藤島ジュリー景子新社長は、独立や退所に対してとても厳しい態度をとると報じられていました。

今回のジャニー喜多川さんの葬儀も家族葬としたのは、藤島ジュリー景子氏の意向が働いているとの話もあります。

家族葬にすることで、現役にタレントしか参列できなくなり、退所したタレントが参列できないように圧力をかけたのでは?との憶測が飛んでいます。

確かに、新しい地図の3人が参列すれば、それはジャニーさんの葬儀ではなく、SMAPの再結成の話題となり、葬儀のイメージが損なわれる可能性があると思えます。

しかし、それは葬儀の演出上の話であって、今回の問題となっている独禁法違反とは違うとと思います。

それでも、地上波から新しい地図の3人が消えたの事実ですので、何らかの力が原いていたことは否めません。

今年の4月30日に新しい地図の3人がAbemaTVで例話のカウントダウン番組に出演していたとき草彅剛さんが地上波に出演していないことに対して

『確かによくわからない大人の事情とかもあるのか、まだ僕らはみんなが望む場所になかなか到達できていない面もある。でもこれだけは言える。僕らはみんなのおかげでものすごく今、生きている』

とコメントをして話題となっていました。この時の

「大人の事情」

というのが、ジャニーズ事務所、藤島ジュリー景子氏からの圧力のことだったのでしょうか?

新しい地図は地上で全国制覇ができるのか?

それでも、ジャニー喜多川さんは新しい地図の3人を大切に思っていたことと思います。

だからこそ、地上波で番組こそ出てはいませんでしたが、CMに起用する企業もあり、3人が活躍する場は失われていませんでした。

しかし、ジャニー喜多川さんが亡くなり、ジャニーズ事務所の実権を藤島ジュリー景子氏が握ることになった時に新しい地図の3人の芸能活動に対して圧力がかけられ、いよいよ地上波の復活は絶望的か?とネット上では話題になっていました。

しかし、そんな矢先に公正取引委員会がジャニーズ事務所に独占禁止法違反の恐れありと一喝をしてくれたおかげで、今後、藤島ジュリー景子氏が新しい地図の3人に対して圧力をおおっぴらにかけることはできなくなりました。

これまでに2018年末にかけて福岡県のローカル局で一時期、バラエティー番組「略してブラリク」に出演していました。福岡エリア限定の地上波放送でしたが、メルカリが制作協力しておりアプリ内で無料配信もされていました。

これからは、ジャニーズ事務所からの圧力を感じることなく新しい地図の3人を民放各局が起用することができるようになると思いますので、近いうちに地上波に全国放送で完全復活をするのではないでしょうか?

ジャニーズの圧力に対するネットの意見は?

最後に

ジャニーズ事務所が公正取引委員会から独占禁止法違反の恐れがあるとして注意を受けた件について調べてみました。

ジャニー喜多川さんが亡くなって新しい地図の3人がジャニーさんの葬儀に参列できるのか気になっていましたが、結局は出来なかったようです。

しかし、今後、お別れ会などを企画しているようですので、そのお別れ会には3人が出席できるようにしてほしいと思いました。

ジャニーさんの愛情が深いことは、ジャニーさんの功績をたたえる報道でよくわかりました。

確かに芸能という一種のブランド化枯れた情報を取り扱っていますので、シビアにしないといけないところはよくわかりますが、今まで育ててくれたジャニーさんへのお別れの機会をつくるなど、ジャニーズ事務所の懐の深い対応があることを願うばかりです。

きっとジャニーさんも新しい地図の3人をはじめ、巣立った子供たちの成長した姿をみたいんじゃないのかな?と思いました。

また、新しい地図の3人が地上波で再び会えることもとても楽しみにしています。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました