寝屋川市で道路にロープを張った犯人は誰で顔は?犯行場所はどこ?

流行りのはなし

29日の未明に大阪府寝屋川市内の道路において、何者かが張ったロープにミニバイクに乗った70代の女性がひっかかり転倒。女性は足の骨を折るなどの重傷を負う事故がありました。

 

この件で警察は殺人未遂事件として、防犯カメラに映っている人物の行方を追っています。

 

私もバイクに乗っていますが、バイクに乗っていて、まさか道路にロープが張ってあるとは予想できませんよね。

当然よけようもありませんし、バイクに乗る人間としては到底許しがたい事件ですし、憤りを感じましたので、この件について調べてみました。

また、犯行場所と思われる場所も調べましたのでご紹介します。

 

殺人未遂事件の概要は?

29日午前2時半ごろに寝屋川市成田南町の路上で事件は起きています。

 

77歳の女性が、新聞配達の出勤途中に犯行場所をミニバイクで通りかかったところ、道路に張られたロープにに引っかかり転倒。女性は左足の骨を折る重傷を負っています。


警察によりますと、ロープはナイロン製で、地面より約60cmの高さで幅約6.7m道路を横断するようにひかれていたとのことです。

 


ロープは道路に面したスーパーの駐車場の入り口を塞ぐため、駐車場内のポールどうしを結んでいたものだそうです。

 

駐車場に張られていたはずのロープの一方がほどかれ、道路の向かい側にある理髪店のサインポールに向かって、道路をまたぐように張られていたとのことです。



被害にあった女性は

「いつも通勤で使う道を走っていたら突然転倒した。ロープが張られていたのには全く気付かなかった」

と話しているということです。



警察は殺人未遂などの疑いで周辺の防犯カメラの映像を調べているとのことです。

 

過去にも同様の事件が

昨年の末に神奈川県相模原市で、今回と同じような事件がありました。

 

今回同様、駐車場に張られていたロープをほどき、道路をまたぐようにロープを張り、そこに同市内に住む45歳の男性が通りかかり転倒し、腰を打撲する軽傷を負っています。

 

この事件では、殺人未遂の容疑で相模原市南区相模台団地のパート従業員、出来公一容疑者を逮捕しています。

出来容疑者は取り調べに対して

「日々のストレスの解消のためにやった」

「オートバイなどがロープに引っかかれば危ないということは分かりますが、死んでもいいとは思っていませんでした」

などと供述していたとのことです。

 

ストレス発散のためにとは、あまりにも身勝手な理由で許しがたいです!

今回も同様の理由なのでしょうか?

 

どちらの事件も容疑は殺人未遂であり、ストレス発散にしてはあまりにも代償が大きすぎると思います。

 

他にストレス発散の方法を考えられなかったのでしょうか?

 

犯行の様子をとらえた映像

防犯カメラの映像について調べてみましたが、映像はまだ公開されていなかったようで、顔画像もわかりませんでした。


しかし、昨年末の神奈川県相模原市での出来容疑者が犯行を行っている様子の防犯カメラの映像がありました。


場所や時間は違いますが、今回も店舗に張られていたロープを犯人が向かい側まで道路をまたぐ形でロープを張っていますので、同様の動きをしていることと思いますので、ご参考まで。

犯行現場を再現?

ニュース映像にスーパー「マルヤス成田南店」と思われる映像が映っていましたので、そのスーパーの場所を調べてみました。

引用:Googlemap

報道の場所が正しければ、この場所が映像に映っていましたので、多分、この場所だと思います。

この場所であれば、報道で発表されているとおり、駐車場のポールから向かい側の理髪店のサインポールに向けて、黄色い線のようにロープが張られていたと思います。

被害に遭った女性が、どちら側から来たのかはわかりませんが、画面奥から来たとすれば下り道になっているようですので、よけようがなかったと考えられます。

ネットの反応は

まとめ

道路にロープを張って、バイクを転倒させ高齢女性に大けがを負わせた事件について調べました。

 

バイク乗りであり、高齢者介護に携わる私個人としても、今回の事件はかなり憤りを感じています。

 

ネットでの意見にもありました通り、77歳という高齢ということもあり、年齢相応に骨粗しょう症のもあったと思われます。

 

また、治療の段階で安静にしておくことで、足の筋力が落ち歩行に支障が出てくる可能性もありますし、なによりもリハビリでかなりきつい思いをされることと思います。

 

相模原の事件では犯人は「ストレス発散のため」と供述していますが、今回も同様の同期なのでしょうか?

被害にあわれた高齢女性のケガの痛みやリハビリの苦しみを考えると犯人に対する憤りしか感じられません。

 

被害に遭われたかたのケガの回復と警察には早く犯人を捕まえていただき、二度とこのような事件が起こらないようにしてほしいと願うばかりです。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました