国際規制物資の硝酸ウラニルとは?新大の廃棄物の中から核物質が発見!新潟大学の放射能もれや安全性は?

新潟大学工学部で核物質が見つかったと話題になっています。

新潟大学は5月31日、学内で未登録の国際規制物資(硝酸ウラニル)が発見されたと報告しました。


 4月19日に工学部から搬出された廃棄薬品の中から硝酸ウラニルが発見され、23日に原子力規制庁に報告。さらに工学部内で一斉メールで点検依頼したところ、24日にも硝酸ウラニルが発見されたとしています。


 当該物資は、既に許可されている管理区域内の保管庫に移動し、外部への放射線漏れはないとのこと。また当該物質の放射線による影響については「健康に影響を与えるレベルではなく、人体への放射線影響はないと考えられます」と説明しています。

 同校は「本来法令等に基づき、厳重に管理すべきところでありますが、未登録の国際規制物資が発見されたことにつきまして、深くお詫び申し上げます」と謝罪し、再発防止に最善を尽くすとしています。

 同校では6月17日を期限として学内で順次一斉点検を実施中。学生が点検依頼のメールをTwitterに投稿して話題になっていました。
(引用:Yahoo!ニュース)

なんだか物々しいものが見つかったようですね。

核物質が廃棄薬品の中から見つかるなんて、そんな身近に核物質ってあるものなんでしょうか?

核物質と言えば、とても厳重に管理されていて、何重にもなった箱に入れられて、その箱のカギなんかは、ジュラルミンのケースの中に厳重に保管されて・・・

って映画のみすぎかもしれませんが、でも、そのくらい厳重に管理されていると思っていました。

 

スポンサーリンク

新潟大学のどこで見つかった?

新潟大学は以下のコメントを出しています。

平成31年4月19日(金)本学環境安全推進室において,工学部から搬出された廃棄薬品の中から、未登録の国際規制物資(硝酸ウラニル)が発見されたため、4月23日(火)原子力規制庁に報告しました。これを受け、即時工学部内にて一斉メールで点検依頼したところ、同様の物資が発見されました。
当該物資について、既に許可されている管理区域内の保管庫に移動しており、外部への放射線漏洩はありません。
本来法令等に基づき、厳重に管理すべきところでありますが、未登録の国際規制物資が発見されたことにつきまして、深くお詫び申し上げます。
本学では、この度の事態を重く受け止め、適正な管理を徹底し、今後このようなことがないように再発防止に最善を尽くしてまいります。

1.発見場所
新潟県西区五十嵐2の町8050 新潟大学工学部

2.発見された物質
4月19日の発見:
各種:硝酸ウラニル
重量、個数:化合物数量370g,ウラン数量: 176g,1個

4月24日の発見:
各種: 硝酸ウラニル
重量、個数: 化合物数量11.7g,ウラン数量: 5.54g,1個

3.発見された経緯
本学で薬品廃棄のため点検を行っていたところ、本学工学部で出された廃棄薬品に混ざっているのを発見しました。

4.放射線による影響
当該薬品容器(4月19日発見物)から1m離れた位置での計測では0.12μマイクロシーベルト/アワー,別薬品容器(4月24日発見物)から1m離れた位置での計測では0.09μマイクロシーベルト/アワーであった。これは健康に影響を与えるレベルではなく、人体への放射線影響はないと考えられます。

5.今後の対応
4月23日(火)に原子力規制庁へ報告したのち、5月10日(金)に今後の対応等について連絡を行いました。
現在、6月17日を期限とし、学内で順次一斉点検を行っています。
また、教職員等へ国際規制物資の適正な管理について、周知徹底を図ります。

(引用:新潟大学ホームページ)

 

新潟大学工学部の中で見つかったようです。

薬品廃棄物というのは一応点検してから廃棄するようですが、先に見つかってよかったですね。

もしこれが、大学の外に出ていたのなら、そして、放射能が強いものであれば、運ばれた沿線を含めて放射能漏れがないのか?などを点検しないといけない可能性もあったと思います。

国際規制物資、硝酸ウラニルとは?

硝酸ウラニル(VI)は、化学式 UO₂(NO₃)₂ と表されるウラニルの硝酸塩である。ウランは重金属なので、硝酸ウラニル(VI)は人に対して重金属一般の毒性を示す。また、窯業、ガラス工業の顔料、写真の増感剤などにも利用される。
(引用:ウギペディア)

と説明をされていますが、要はガラスや陶器などの加工に使われているようですが、ごく少量であれば大丈夫なのでしょう。

基本的には生き物にとっては毒性の強い物質であることには間違いないようです。

1999年にあった東海村JCO臨界事故の原因は、この硝酸ウラニルだということです。
詳細は、化学の話になりますので、よくはわかりませんが、バケツの中で硝酸ウラニルの溶液を作っている段階で、ちっちゃな原子炉が出来たようなもので、そのため高濃度の放射能が発生したとのことでした。

この事故では、至近距離で中性子線を浴びた作業員3名中、2名が死亡、1名が重症となったほか、667名の被曝者を出す大事故となっています。

スポンサーリンク

新潟大学の見解は?

新潟大学の発表によると

当該薬品容器(4月19日発見物)から1m離れた位置での計測では0.12μマイクロシーベルト/アワー,別薬品容器(4月24日発見物)から1m離れた位置での計測では0.09μマイクロシーベルト/アワーであった。これは健康に影響を与えるレベルではなく、人体への放射線影響はないと考えられます。
(引用:新潟大学ホーム―ページ)

人体への放射線影響はないとの見解です。

0.09μマイクロシーベルト/アワー は安全なのか?

大学は人体への影響はないとのことですが、果たして大学が言っている 0.09μマイクロシーベルト/アワーというのは安全な数値なのでしょうか?

私たちが日常生活を送っている中でも、放射能は存在しています。

しかし、その放射線はとても微量であり、自然放射線の線量は世界の年間平均で2.4ミリシーベルトと言われています。

今回の新潟大学での放射線の測量値は0.09マイクロシーベルト/アワーとのことです。

つまり、1時間あたり0.09マイクロシーベルトを浴びるとの計算となりますので、丸一日1m以内でずっと座っていたなら、2.16マイクロシーベルトを浴びることになりますが、それでも自然放射能の1000分の1ですので、大学側の人体に影響があるレベルではないようです。

考えてみれば、国立大の工学部の先生が安全との見解を出して発表をしていますので、間違いがないですよね。

それにしても、なんで放射能を出す核物質が廃棄物の中に紛れていたのが、徹底的に調べてもらって、同じことがないようにしてもらいたいと思います。

同じような事が全国の大学でも起こりうるのであれば、ドキドキします!

放射能って目に見えないから、ほんとコワいですもんね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました