老後に年金のなかから5万円を節約してゆったり生活する方法を全公開!

今、世間では「老後2000万円問題」が話題となっていますが、本当に老後に2000万円が必要となるのでしょうか?

本当に老後に2000万円が必要だとすれば、節約生活をしなければいけなくなりますが、老後2000万円問題に対してどのように節約をすればよいのでしょうか?

年金生活の中でも月々の出費を5万円節約することができたら、かなりゆっくりとした生活を送ることができるのでしょうか?

そこで、限られた年金の中から5万円を節約してゆったりと生活を送れる方法について考えてみましたのでご紹介をいたします。

スポンサーリンク

老後の夫婦の生活費は26万円!

総務省が夫が65歳以上で妻が60歳以上の無職の夫婦に対して行った家計調査によって出された結果、毎月の年金などの収入が約21万円。

生活費や医療費などの支出は約26万円となっています。

その内訳は
食 費……約6万5千円
通信費……約8千円(携帯電話/インターネットなど)
新聞代……約3千円(1紙 朝刊のみ)
水道光熱費……約2万円
交際費……約3万円(冠婚葬祭 食事会など)
医療費……約1万5千円
交通費……約1万7千円(マイカー維持費)
被服費・娯楽費・税金……約10万円 

となっています。被服、娯楽費が高いような気がしないではないですが・・・

そこで、収入から支出を引いたところ、毎月約5万円の赤字が出るとのことです。

毎月5万円が赤字ということは、年間で60万円の赤字。

人生100年とした場合、残りの人生35年として約2000万円を超す金額が必要となるというものです。

この報告に対して、麻生太郎金融担当大臣は

「人生設計を考える時に、100まで生きる前提で退職金(をどう使うか)って計算してみたことある? ふつうの人、俺はないと思うね。自分なりにいろんなことを考えないとダメだ」

と酷評をしていますが、本当に2000万円が必要なのでしょうか?

老後に向けてできる節約術とは?

老後に2000万円が不足するとのことですが、一般的には赤字の会計を立て直すためには、収支の差を少なくすることで不足分を補っていく必要があります。

老後の収入の主な財源は年金です。

しかし、そもそも老後の2000万円の問題が起こったのは、年金が不足するとの報告を受けての報告でしたので、年金が今より減っていくことから始まったものですから、労働による年金以外の収入を求めることは難しそうです。

そうなると「支出」を下げていくしかありません。

老後2000万円の問題を解決するために、老後の生活で節約生活をする必要がありますが、その節約術についてご紹介します。

携帯電話のプランを見直す

携帯電話の料金に毎月いくら支払っていますか?

ご自分の使い方とプランの内容はあっていますか?

あまりネットは使わないのに大量のギガ数が使えるプランになっていたり、
あまり電話をしないのに長時間電話で話しができるプランになっていたりしていませんか?

たとえば、20ギガ利用するプランとなっていて現在の料金で毎月約8000円払っていた携帯電話の料金を最低限のギガ数の契約に切り替えれが、約3000円と5000円の節約になります。もし、夫婦ともに見直しが必要な場合であれば、ひと月当たり約10000円の節約が可能となります。

保険の料金を見直す

子どもが小さい頃は安定した生活のために必要だった生命保険も高齢の夫婦二人暮らしならば、さほど大きな補償は必要ありません。

何千万円もの死亡保険をかける必要もなく、最低限の葬祭費用程度がまかなえる程度のものに見直すことが必要です。

また、入院保険なども、どうしても個室じゃないと嫌だ!という場合は仕方ありませんが、通常は1日3000円の補償でも十分に入院費用をまかなうことができます。

生命保険や入院保険などは年齢が高くなればなるほど、保険料も高くなりますので、実際に必要な補償内容にあわせて保険を見直すことで、月に1万円から多い場合で2万円ほどの節約になる場合があります。

新聞を取るのをやめる

こんなことを書くと新聞社からクレームが来そうですが、新聞を取ることをやめると、ひと月の新聞代を5000円の節約が可能です。

じゃあニュースとかはどうするんだ!との声が聞こえてきそうですが、ニュースはスマホやタブレットで十分見ることができます。

新聞がどうしても読みたいといった場合は、スマホで新聞の電子版で安いものでひと月300円程度の会費で必要なページだけ読めますし、また、字も大きくすることできますので、検討してみる価値はあるとは思います。

結婚式を断る!

なんだかケンカを売っているような見出しですが、要は不必要な結婚式や飲み会には出ることはないということです。

ご自身がどうしても祝ってあげたい、出席したい!というのであればいいのですが、義理で出るような結婚式や飲み会には出席する必要はありません。

人数合わせのために呼ばれるような義理で出るような会を断っても、なにも不義理になることはありません。

本当に必要なものだけに出るようにすることだけに出席するようにすることだけでもひと月約1万円の節約が見込めます。

出席のお返事をする前にもう一度、本当に出席する必要がある関係なのか?出席をしたいのか?について熟考をする必要があると思います。

車の経費を見直す

いきなりですが、車を買いなおすことから考えましょう!

夫婦二人になって車の使い方を考えたときに大きな排気量の車が必要ですか?

近所に買い物や病院に行く時だけといった使い方であった場合、軽自動車、普通車でも1500cc以下の車でも十分なこともあります。

いままで、2500ccの車に乗っていたとして軽自動車に切り替えた場合、税金だけでも年間に36000円の減額が見込めます。

また、それに伴って、当然、燃費もよくなりますので燃料費はもちろんのこと、任意保険や車検にかかる経費も安くなりますので、ひと月あたり約5000円の節約が可能です。

また、高齢ドライバーの事故が多発していますので、運転に不安を感じた場合は免許の返納をするようにしてください。

お買い物や通院を公共交通機関にすることで、車の維持費の分を交通費に充てることが可能ですし、場合によっては車を維持するよりも安く済むこともあるかもしれません。

お買い物が不便!重たいものを持って電車やバスに乗るのがつらい!という場合は、配達サービスを活用しましょう。

インターネットで生鮮食品の注文や配達を行っているスーパーもありますし、配達料も300円程度とバス代より安いですし、購入した金額によっては無料で配達をしてくれるところもありますので、使わない手はないと思います。

スポンサーリンク

老後に2000万円なんて必要ない?

以上のような制つ役生活を送ることで老後の生活に必要な支出が

通信費 10000円
保険料 20000円
新聞代  5000円
交際費 10000円
交通費  5000円

の節約が可能となり、ひと月あたり最大で約50000円の節約が可能となります。

これなら、国が言っているひと月5万円の赤字を埋めることができ、老後に備えて2000万円をためておく必要がなくなります。

シンプルに必要な範囲での生活を送ることで、ゆっくり老後の生活を送ることができると思います。

今のご自身の生活の中で不必要なものを切り捨てて、シンプルに生活をしてみませんか?

まとめ

老後2000万円問題に対してのやりくりや節約術について、また、老後にかかる医療費や介護費用に掛かるお金にまつわる話について調べてみました。

私には年金の額が下がることを前提に国が老後に向けて自己資金として2000万円を用意するように!といっているようにしか聞こえなかった報告書でしたが、みなさんはどのように受け止められたでしょうか?

しかし、身の回りを整理することで必要なものだけにとどめて生活をすることで、なにも2000万円を用意することなく生活ができる可能性があることがわかりました。

また、万一、入院や介護施設に入った場合でも年金の範囲内で贅沢さえしなければ何とかなるようです。

ゆったりとした老後の生活を送るためには、貯蓄をするよりも、いまからシンプルライフを実践していったほうがよいのでは?と思いました。

特に持ち家の場合にはメリットとデメリットがありますので慎重に考えたほうがよいようです。

みなさんも、それぞれのライフスタイルにあわせ、老後に向けて、何を残すか?何を捨てるのか?をぼちぼちと考えていくことをおススメいたします。

やっぱり、老後はゆったり生活をしたいですもんね。。。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました