怪人前髪ジャーマとサイタマが漫才?ガロウも復活するワンパンマン村田版157話

 

ワンパンマンでは様々なギャグシーンが多くありますが、157話ではなかなか天然の漫才を見る事ができます。

 

それはサイタマと前髪ジャーマの会話です。

 

しかし今まで登場した事のない怪人・前髪ジャーマとはどういった人物なのでしょうか。

また、この157話では怪人協会と並行して問題となっていたガロウが復活するという点も注目していきたいと思います。

突如登場した「怪人前髪ジャーマ」と呼ばれる存在や今まで行方が分からなくなっていたガロウの復活など気になる点をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

怪人前髪ジャーマの正体とは

 

157話ではサイタマは完全に怪人協会アジトで迷子になります。

 

他のS級ヒーロー達とは違い、全く対策なしにアジトに乗り込んでしまったためにどこへ向かえばいいのかすらサイタマは理解していません。

 

そんな時にサイタマと鉢合わせしたのは怪人・前髪ジャーマと名付けられたS級ヒーロー・閃光のフラッシュでした。

 

フラッシュ自身も計画を立てた段階で参加していなかったサイタマを怪人と勘違いしてしまい、出会いがしらに攻撃を仕掛けてしまいます。

 

サイタマはその攻撃を平然と躱し、そのあと正面からの攻撃も軽々と止めてしまいます。

しかし、この行動でサイタマの中でフラッシュが怪人ではないのかという疑問が浮かび攻撃を仕掛けようとします。

 

この時の会話が天然同士のせいで漫才のようになってしまいます。

 

行方が分からなかったガロウ

 

サイタマとフラッシュが天然漫才を行っている間にもS級ヒーロー達が各方面で怪人協会アジトを調査していました。

 

S級ヒーロー・ぷりぷりプリズナーもその調査を行っているさなか、自分自身が収容されていた刑務所から連れ去られたと思い込んでいた囚人達が怪人になっている事を知ります。

 

そしてその怪人化に関わった怪人・ニャーンに強い怒りを覚えていました。

 

そのニャーンが姿を消した事から後を追いかけてみると牢獄のような場所に鎖に繋がれている人物を発見します。

 

ヒーローらしく救助を試みようとしたぷりぷりプリズナーでしたが、その顔に見覚えがある事に気づいた瞬間、相手の意識が戻ってきます。

 

そう、この時鎖に繋がれていたのが行方が分からなくなっていたガロウです。

 

ガロウは目覚めた瞬間に鎖を引き千切り、目の前にいたぷりぷりプリズナーに6発の拳を叩き込みます。

 

通常であればこの程度でダウンする事のないぷりぷりプリズナーですが、ガロウの予想以上の攻撃力に動けなくなります。

 

ガロウはこの段階で人間を超えた力を手に入れてしまっているのです。

 

スポンサーリンク

今後の怪人協会とガロウの動き

 

 

ワンパンマン157話では今まで行方が分からなくなっていたガロウの復活を確認する事ができました。

また、迷子になっていたサイタマもS級ヒーローと合流する事で目指すべき敵を認識する事ができました。

 

それは怪人協会ボス・オロチです。

 

フラッシュはまだサイタマの力を100%使用しているものではありませんが、強者である事は理解しています

そのため、逃げるように助言しますがサイタマにはそんな気遣いは無用です。

今後サイタマはフラッシュと共に行動する気ですが、ガロウや怪人協会の動きにも注目です。

 

ワンパンマン158話ネタバレ「ヒーロー全滅?ニャーンが強い」>>>

<<<ワンパンマン156話ネタバレ「イアイアンVSエビル天然水」

 

 

タイトルとURLをコピーしました