『ポツンと一軒家』はなぜ人気がある?ほっこりしてしまう気になる魅力

テレビ番組

みなさんは『ポツンと一軒家』というテレビ番組をみたことがありますか?

私は大好きでよくみています。

毎週日曜日の午後8時からテレビ朝日系で放送されており、衛星写真を手掛かりにまさにポツンと一軒だけ離れて建っている家を番組スタッフが訪ねていき、離れて暮らす理由やどのような生活を送っているのかを紹介する番組です。

ビデオリサーチ社によると17パーセントを超す人気番組とのことです。

いま、なぜ『ポツンと一軒家』が人気なのか?その魅力を探ってみました。

スポンサーリンク

どんな人が住んでいるか?気になる

人里離れた場所に住んでいる人ってどんな人なんだろう?

衛星写真では周りは森に囲まれた一軒家。そんな人がいない場所、一見不便に思えるようなところに住んでいる人がとても気になります。

町中から目的に家までの道中は「どんな人なんだろう?」ってワクワクしながら観ています。

人は自分と違った生き方をしている人たちのことにとても興味を持っているのかもしれません。

だから、人里離れて暮らす人に興味が深々なのです。

憧れの生活がそこにある

私もそうですが、会社勤めをしていて時間に追われ、組織に縛られ、もうイヤ!といっても生活を守るためには逃れられない。自由な暮らしがしたい!

しかし、画面の中には人里離れて暮らしている人の自由な生活がありました。

朝日と共に起きて、畑仕事をして疲れたら昼寝。夕日が落ちたらおやすみなさい。

昔ながらのスローライフが画面の中にはあったのです。

こんな暮らしをしたいな~!そんな憧れの思いで番組をみているのかもしれません。

スポンサーリンク

自分の生活をみなおすきっかけとなる

明日からまた仕事か・・と番組が流れる日曜の夜。

自由な暮らしにあこがれながらも、心のどこかで「あんな不便な生活は無理だな」など勝手に自分に当てはめて考えてみたりしています。

今の便利な生活を捨てて、人里離れて生活に飛び込む勇気もなく「やっぱり、この生活がいいのかも?」と自分の生活をみなおすきっかけにもなっています。

まとめ

この番組を観るまでは、人里離れて生活をしている人というと、浮世離れをした仙人みたいな人を勝手にイメージしていました。

しかし、そこには、仙人ではなく、とても人情味あふれた人が生活をされており、それぞれのドラマがあり、思わず涙した時もありました。

スローライフ。本当は誰もが望む生活なのかもしれません。

番組を見終わった後、いつも心がほっこりして、次の日からがんばるエネルギーをいただいています。ありがとうございます。

もしかしたら、『ポツンと一軒家』があなたの街にもあるかもしれません。探してみられてはいかがでしょうか?

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました