紫艶が孤独死したのは薬か?病死か?文枝は元愛人の死になぜ絶句した?

2016年に「FRIDAY」に6代目桂文枝師匠と20年にわたり愛人関係にあった事を告白していた演歌歌手の紫艶さんが、平成31年3月19日に自宅マンションで亡くなっていたことがわかったそうです。

孤独死だったそうです。死因は服薬していた薬のためでしょうか?それとも病死でしょうか?

紫艶さんといえば、桂文枝師匠との愛人問題については、当時マスコミやテレビをにぎわせていました。

しかし、平成の終わるころにひっそりと令和の時代を迎えることなく自宅で亡くなられていた紫艶さんのこれまでと桂文枝師匠との関係について調べてみました。

スポンサーリンク

紫艶さんが孤独死

平成31年3月11日の昼間に紫艶さんが所属する芸能事務所に紫艶さんのお母さんから連絡が入ったそうです。

毎日、電話をくれる娘が3月7日を最後に連絡が取れない』

同時にお母さんは大家さんにも連絡をされていたようで、大家さんが室内で亡くなっている紫艶さんを見つけられたとのことです。

自宅で亡くなっており、不審死として司法解剖の結果は「病死」

紫艶さんは精神的に不安定となっており、多くの精神薬などを服用していたため、それが原因で亡くなったのではないかとのことでした。

まだ、41歳でした。お悔やみ申し上げます。

紫艶さんのプロフィール

出典:オフィシャルブログより

名   前:紫艶 (別名:中江 ひろ子)
生年月日:1978年1月17日
出身地 :兵庫県尼崎市
主な経歴
2歳9ヶ月から民謡を始める。
18歳のとき「吉本演歌歌謡曲選手権」で優勝。
2000年(平成12年)日本有線大賞新人賞を受賞

スポンサーリンク

紫艶×文枝×フライデー

紫艶さんと文枝師匠の間に何があったのか?順を追って整理してしました。

2016年2月19日 フライデー掲載
紫艶さんが文枝師匠と20年間愛人家計があったと暴露。

同年2月21日 記者会見
文枝師匠が不倫は認めるも「20年というのは無い」と否認。

当時の双方の主張
紫艶さん ⇒ 2か月前まで会っていた

文枝師匠 ⇒ 2年前の落語会が最後

2016年3月 フライデー掲載
紫艶さんが文枝師匠から毎月20万円を約6年間にわたり「お手当」が振り込まれていたと通帳の写しを掲載

一時は、フェイスブックやラインなどでリベンジポルノ画像が飛び交っていましたが、紫艶さんが引退、復活宣言をしたのちは、この騒動が表舞台に出てくることはありませんでした。

2016年から紫艶さんは公式ブログを立ち上げられて、追ったと連動していましたが、今年の2月19日で更新が止まっています。

その最後のつぶやきがこちらです。

最近の紫艶さんの様子は?

報道によると関係者からの聴き取りとして

「文枝さんに捨てられた直後、紫艶さんの精神状態はとてもひどく、リストカットを繰り返してしまったそうです。彼とは18歳のときから38歳まで20年間付き合い、“初めて好きになった人が文枝さんだった”って涙ながらに話したこともありましたよ。
ただ、今の事務所に入ったことをきっかけに、“彼のことを忘れて頑張る”って話してくれましたし、実際にそれからは、一度も自殺未遂のようなことは無かったって聞いていますよ」

「精神的に弱かったので、薬を服用していることは知っていました。それは初めて私と会ったときから飲んでいましたね。彼女はお酒を一滴も飲めないんですが、薬の影響か、ひどいときは呂律が回らないこともありました。何か所も病院に通っていたようで、それは警察から聞いて初めて知りました。部屋には薬がいっぱいあったようで、薬の飲み合わせが悪くて、命を落としてしまったのかもしれませんね」

葬儀は3月15日に都内で肉親と事務所スタッフだけで、ひっそりとおこなわれたようです。


文枝師匠は絶句なぜ?

雑誌社の記者の取材で紫艶さんが亡くなったことを知らされた文枝師匠は

「ほんまか・・・」

と一言だけつぶやき、その後は絶句し、何も答えずに去っていったたそうです。

なぜ言葉がでなかったのでしょう?

ビックリしたから?

それとも、コメントすると、また、叩かれるから?

20年も連れ添った仲ですから、何かしらのコメントがあればよいのですが・・・

人間国宝になりたい文枝

「どうしたら人間国宝になれるのかをみなさんにお聞きしたい。1日も早く人間国宝になれることを楽しみにしております」

今年の1月28日に大阪でおこなわれていた「上方芸能フェス」のイベント説明のための記者会見の会場で文枝師匠が発した言葉です。

文枝師匠は、会見に同席した人間国宝の能楽の三島元太郎氏、文学の吉田和生氏、
筑前琵琶の奥村旭翠氏に向けて本気とも冗談とも取れない発言をしています。

今まで、落語界では 五代目柳家小さん師匠、三代目桂米朝師匠、十代目柳家小三治師匠が人間国宝になっていますが、文枝師匠が4人目の人間国宝かとも言われていましたが、紫艶さんとの不倫騒動が明るみになったことで、人間国宝の話は立ち消えになっています。

騒動から約4年。そろそろ、ほとぼりが冷めたと思ったのでしょうか?

人間国宝への意欲を表すかのような発言がなされていました。


しかし、紫艶さんが亡くなったことがわかり、今後の人間国宝への雲行きが怪しくなったような気がします。


まとめ

20年もの不倫関係を続けていながら、自分の名声のために一時は不倫そのものを否定していた文枝師匠です。

男と女のことですから、それぞれの思いがあり、それぞれ話していることが本当なのか?事実と違うのか?それはわかりません。

真相は紫艶さんが亡くなられた今となっては闇の中ですが、今回の件は、どうも文枝師匠にとっては分が悪いようです。

記者の取材に絶句されたとのことですが、言葉が出なかったのはなぜなのでしょうか?

文枝師匠は紫艶さんになんと声をかけるのでしょうか?


不倫関係だったとはいえ、20年間も連れ添った仲ですので、何か思うものがあるのではと思ってしまいました。

ただ、41年という若さで旅立たれた紫艶さんのご冥福をお祈り申し上げます。

やはり、1人暮らしの場合、孤独死のリスクがどうしても高くなります。気分が悪くなったり、事故でけがをした時に助けを呼ぶ方法をしっかり準備しておけば、最悪、孤独死は防げるかもしれません。



ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました