「空挺ドラゴンズ」ってどんな漫画なの? 魅力やあらすじを一挙公開!

今や人気急増中の、空挺ドラゴンズ!
龍との異世界を描く今作は、隅々まで繊細で時に大胆な構図の漫画です。
では、その空挺ドラゴンズのあらすじとは?
世界観や魅力とは?
一体何なんでしょう?

スポンサーリンク

空挺ドラゴンズのあらすじは?

空挺ドラゴンズのあらすじは、一言で言えば、
「クィン・ザザ号に乗る、乗組員たち18名が龍を捕る物語」
です。
彼らは作中では龍捕り(オロチトリ)と呼ばれます。
龍を捕殺し、解体して搾油し、商品として市に卸すことを生業としています。
ですが時には乗組員たちを主軸に置いた話や、現実では存在しない龍の肉を使ったグルメ話など、世界観が細かく描かれています。
台詞の一つ一つに命が吹き込まれ。
龍との戦いの一つ一つが生き生きとして。
そして龍肉を使った料理が美味そうで。
何もかもが、リアリティ溢れる、まさに漫画好きなら読まなければいけないと言っても過言ではないほどの作品です!

空挺ドラゴンズの世界観がスゴイ!

空挺ドラゴンズの世界観は、中心的には空にあります。
時々、市(まち)に降りて陸暮らしを楽しんだりしますが、基本的には空を飛びます。
元々龍は空を飛ぶ生き物です。
その原理は、龍は心臓ならぬ「震臓(しんぞう)」があるからだと、作中にて登場しています。
現実に存在する料理を、龍肉を使って表現する様はまさに見事!
読んでいるだけで涎が垂れそうな絵です。
それに、会計士のリーの言葉も真実味を増します。
龍捕りは龍を捕れなければ大赤字です。
だからこそのやりくりで悩む様には、龍捕りの稼業の金銭的苦しさを表現しています。
それから、外せないのが多種多様な形をした龍です。
日本では龍は、細長い鱗付きの身体に角が生えている、というイメージです。
対して西洋では、ずんぐりとした胴に火を吐くイメージが強いですね。
ですが、空挺ドラゴンズに出てくる龍は、その話その話で違う形の龍が出てきます。
まるで、作者が実際に見に行ったかのように、いろんな形の龍が作中に出てきて、物語の世界観を肉付けします。

スポンサーリンク

空挺ドラゴンズの料理が魅力的

空挺ドラゴンズと言って外せないのが、料理!
毎回捕らえた龍を調理するヨシを始め、涎を垂らしっ放しの乗組員たち。
料理名の通りに龍の肉で調理する様は、まさに本物を目の前で見ているようです。
2巻の10話に出てくる、龍のカツレツ。
3巻の12話に出てくる干し肉や、15話に出てくる龍油のマヨネーズ。
4巻の18話に出てくる、チーズバーガー……
ああ、今にも涎が口から垂れそう!
よく異世界ものでは、その国の言語の料理が出てくるのでわかりにくい料理もあります。
ですが、空挺ドラゴンズは、読者にもわかりやすい料理を引き出すことで料理の魅力的さを出していると思います。
漫画では料理のレシピがついています。
空挺ドラゴンズは、冒険が好きな人にも、料理が好きな人にも好かれる作品です。

空挺ドラゴンズの画力がスゴイ

空挺ドラゴンズと言って外せないものは、やはり画力でしょう。
澄みきった空に、同じもの一つない雲に、同じ形一つない龍たち。
繊細かつ豪快な動きを見事に表現しきっていて、見ている読者がドキドキするような龍の動きに人の動き。
それはまるで、実写をモデルにしているかのような、かっこいいと言っても過剰ではない活躍!
何よりも見たことのない龍を動かすそれは、思わず作者の脳内を覗きたくなるような気持ちにもなります。
もし聞けるのなら、作者に、
「龍の動きをどうやってイメージしているのか?」
と聞いてみたいですね。

空挺ドラゴンズの魅力のまとめ

空挺ドラゴンズの魅力、それは――――
世界観、良し!
料理、良し!
画力も十分にあって、良し!
良し良し良しの三拍子に尽きます。
何よりも、建物や人物、龍の細かな動きまで表現しているので、読んでいるだけで風を感じるような、そんな思いに駆られます。
もし行けるのなら、空挺ドラゴンズの世界観に浸かるのではなく、飛び込んでみたいと思います。
何より、ここまですごい作品がまだ評価されていないのが悔しいです。
来年は2020年のオリンピック年なので、空挺ドラゴンズをぜひ海外の人にも読んで欲しいですね。

まとめ

空挺ドラゴンズは、まだまだお話が続きます。
空を駆け、龍を捕って、龍を捕って、龍を捕って――――
そんな中で、ミカを始め、クィン・ザザ号とその乗組員たちは今後どうなるのか?
ミカはどこへ向かい、どこにたどり着くのか?
そしてどんな料理が出てきて、ミカはどんな料理にかぶりつくのか?
謎が謎を呼び、今だに回収されていない伏線にも注意ですね。
クィン・ザザ号の船長やら、ヴァナベルの過去やタキタがクィン・ザザ号に乗り込んだ理由などなど。
まだまだ彼らを語るにも情報が少ないです。
だからこそ、もっと原作を読みこんで知る必要があるのです。
さあ、今度はどんな龍が出てくるのか!?
そしてどんな料理が出てくるのか!?
ミカは生きて料理にかぶりつけるのか!?
最終巻まで見逃せない、空挺ドラゴンズ!
今後の展開に、乞おうご期待!

コメント

タイトルとURLをコピーしました