高橋周平が右手指負傷をしたわけは?ケガの具合や3塁は誰が守る?と心配の声集まる!

16日ナゴヤドームで行われてた中日-阪神戦で中日の高橋周平内野手が1回の裏の攻撃で負傷し試合を離脱しました。

高橋周平選手の負傷により、2回表からは堂上直倫選手が高橋周平選手の代わりに3塁の守備についています。

ドラゴンズは6連勝しAランク入りしていることから、リーグトップの打率を誇る高橋周平選手の戦線離脱についての心配の声も上がっています。

また、高橋周平選手のけがの具合や今後3塁は誰が守るのか?などについて心配の声が寄せられています。

スポンサーリンク

高橋周平がヘッドスライディングで負傷

スロー再生されたものもありました。

この日、高橋周平選手は5番3塁でスタメン入りしていました。

阪神に先制点を許していたものの、先頭打者の平田良介選手がレフト方向へのクリーンヒットで塁に出たのを皮切りに、大島洋平選手のヒット、アルモンテ選手へのデッドボールでノーアウト満塁と好調の出足の中日打線。

続くビシエドがセカンドごろに打ち取られるも、平田良介選手がホームに買えり同点に追いつきます。

そしてここで、高橋周平選手がファンの追加点の期待を一身に浴びて打席に立ち、見事、三遊間へのヒットで勝ち越しとなりました。

ノーアウト1、2塁で6番打者の阿部寿樹選手の打席で、1塁走者だった高橋周平選手は、やや飛び出し気味だったところを、阪神の梅野隆太郎捕手にさされ、スライディングで塁に戻りますが、間に合わずアウト!

高橋周平選手は帰塁しようとスライディングしたときに1塁を守る陽川尚将選手のグローブと高橋周平選手の右手が接触。

高橋周平選手は右手の指をかばいながら、ベンチに戻っていきましたが、右手指を負傷したようです。

2回表からは堂上直倫選手が高橋周平選手はの代わりに3塁を守ることとなりました。三塁で先発。

リーグトップの打率!負傷の程度が心配?

現在、高橋周平選手は3割1分9厘とリーグトップの打率を残しています。そのため、上位に食い込みたい中日としては、欠かせない戦力となっています。

そのため、高橋周平選手の右手指のケガの具合がとても気になるところです。

怪我の詳細や程度などについてはわかっていませんが、映像で見た限りでは、高橋周平選手の右手の指が阪神の陽川尚将選手のグローブにきれいにぶつかっていますので、もしかしたら突き指のような症状かもしれませんが、どの程度のケガなのでしょうか?心配です。

スポンサーリンク

代わりに3塁は誰が守る?

もし、高橋周平選手の右手のケガの具合がよくなくて長引くようなことがあったとすれば、中日の3塁は誰が守るのでしょうか?

16日の試合では、堂上直倫選手が3塁を守ることになりましたが、高橋周平選手が復帰するまで、堂上直倫選手がそのまま3塁を守ることになるのでしょうか?

今シーズンの中日の3塁は、ずっと高橋周平選手が守ってきていますが、4月30日の試合では福田永将選手が1度だけ3塁でスタメンとして出場しています。

福田永将選手は、昨シーズンほぼすべての3塁スタメンに選出されていた実力者です。

そのため、高橋周平選手のケガの具合によりますが、もし休場をすることとなれば、福田永将選手か堂上直倫選手が高橋周平選手の代わりに3塁を守ることになるのではと思っています。

でも、リーグトップの打率を残すなど、たいへん上り調子の高橋周平選手ですので、早い時期の復帰が望まれます。

高橋周平を心配するネットの声

タイトルとURLをコピーしました