小岩利夫(橘学苑)校長の経歴は?保護者の怒りに学校側も反論文書公開

話題のはなし

橘学苑中学校・高等学校(たちばながくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)で教師120人という大量退職をするという騒動が起きています。

「校長逃げるな!」との怒声が飛び交う大荒れの保護者会も話題となっていますが、いったい何かあったのでしょうか?

また、学校長の小岩利夫氏とは、どんな人物なのでしょうか?

気になりましたので調べてみました。

スポンサーリンク

橘学苑とは?

橘学苑とは神奈川県横浜市にある中高一貫教育をしている私立学校です。

設立は1942年ともうすぐ開校から80年を迎える由緒ある学校です。

元モーニング娘の福田明日香さんや森三中の村上さんの出身校としても有名です。

橘学苑の騒動とは?

報道によると、橘学苑の教師が120名にのぼる大量退職したことを受け、神奈川県が実態調査に乗り出しています。

この6年間に正規雇用の雇い止めを行った影響で大量の退職者を出してしまっていることが問題視されています。

橘学苑は雇用契約を巡って、厚生労働省からの調査も受けていますが、橘学苑側は「雇い止めではない」と反論をしています。

スポンサーリンク

小岩利夫校長の画像と経歴

出典:橘学苑HP

1975年
東京理科大学理学部卒業後

明治大学付属中野中学・高等学校で教鞭をとる
同中野八王子中学高等学校で教頭職を務める

2013年
日本学園中学校・高等学校の校長に就任。

2018年~現在
橘学苑中学校・高等学校校長

主な著書
「力学野球」プレイボール(時事通信社出版局)
「野茂、イチローの力学ベースボール」(時事通信社)

「野茂のフォークはなぜ落ちる―投げる・打つ・走る ベースボールの物理学」(時事通信社)

「野球は生きた力学 (のぎへんのほん)」(研成社)

野球にかなり精通された教育者なのですね。


保護者会は大荒れ!

20日に緊急保護者会が行われていますが、保護者会では

雇止めによる大量の退職者を出し、教職員が入れ替わることに対する不安から説明を求める保護者に対して、学校側からの説明が十分でないと感じた保護者からは

「全然納得できないよ」
「逃げるな! 校長!」
「保護者の意見聞かないなんて、保護者会じゃないじゃないですか」


と怒号が飛び交い大荒れとなっていたようです。


保護者の怒りの声

保護者とは断定できませんが、コメントからすると、橘学苑の保護者とは思われる書き込みがありましたのでご紹介をいたします。

学校側の反論は?

この件に関しましては学校側も反論をしています。

内容をまとめますと

  • 2013年からの6年間に退職した職員は63名
  • 転職による退職 22名
  • 本人の希望などによる退職 21名
  • 結婚、介護などによる退職 12名
  • 任期満了、定年などによる退職 8名
  • 専任職員は計画的に雇っている。
  • 雇止めの事実はない

と、報道の内容や保護者の主張を真っ向から反論しています。

 

保護者VS学校泥沼化か?

保護者の間で学校側に対抗するための情報を集めている文書も出回っているようで、このままだと「学校VS保護者」の対立は必至であり、泥沼化しそうな気がします。

 

まとめ

橘学苑の教職員大量退職の件について調べてみました。

 

詳細はわかりませんが、雇い止めを抑制するために一定期間雇用契約がある場合、正規雇用への登用をしないといけないという制度改正を理解してなかった学校側の問題かもしれません。

しかし、学校側の文書によると雇止めの事実はなかったようです。

この文書について、まさか学校側が虚偽の内容を報告するわけはないとは思いますが、不信感を抱いている保護者からすると、焼け石に水のような気がするのは私だけでしょうか?

 

今後の展開が気になりますが、一日も早く終息して、子どもたちが落ち着いて勉強できるようにしてほしいと思いました。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました