悠仁さまの机にピンクの包丁をおいた意味は?某政治団体の関与がウワサに

流行りのはなし

衝撃的な事件の一報がありました。

令和の初日をあと5日と控えた4月26日(金)に秋篠宮家の長男、悠仁さまが通学する東京都文京区にある「お茶の水女子大付属中学校」において、悠仁さまの机の近くで刃の部分がピンク色に塗られた2本の包丁が見つかっています。

 

包丁は、棒の先にテープでくくり付けられており、まるでヤリのようになっていたそうです。

防犯カメラの映像を確認した捜査員が何者かが学校に侵入している映像を確認したとのことです。

包丁の刃の部分はピンク色に塗られていたとのことですが、ピンク色の刃に何かのメッセージが隠されているのでしょうか?

また、秋篠宮さまの「皇位継承の拒否」のご発言となにか関連はあるのでしょうか?


このミステリアスな出来事について考えてみたいと思います。


悠仁さまの机に包丁!


報道によると犯行の状況は以下のとおりです。

「悠仁さまや他のクラスメイトが教室の外に出ていた時、刃物が置かれた模様だ。2本の包丁の棒にはテープが巻かれていた。警護のSPも悠仁さまについて教室の外に出ていたため、教室にはいなかった。その隙をついた犯行だろう」

警視庁が学校の防犯カメラを調べたところ、刃物が置かれる前と後、学校内の防犯カメラに、作業服を着た不審な男が映し出されていた。作業着は、上下青っぽい感じで普段は学校にはいない人物だとみられています」
(捜査関係者談)

犯行は警備の一瞬のすきを突いて行われていたようです。

悠仁さまの机の位置は、机に名前が書いてあったことや座席表があったことなどから、教室に入れば、机の位置はわかるものと思います。

また、犯人が教室に入った時には、全員が教室を出て行っている時間でした。

犯人が、テロ行為を目的として教室に入っていたとしたなら、教室に誰もいなかったことは不幸中の幸いでした。

しかし、考えてみると悠仁さまが教室で授業を受けているときには必ずSPが付き添っているため、犯人が凶行に及ぼうとしても阻止される可能性が高いと思言われます。

そのため、もしかしたら、犯人は殺意をもって教室に入ったのではなく、何らかのメッセージを残すために教室に入ったのではとも考えられると思います。

そうなると、犯人はあらかじめ悠仁さまの教室の場所だけでなく、時間割も把握していた可能性が高いと思います。

いくら警備のすきを突いたとはいえ、目的の教室を探し回ったり、教室で授業をしているときであれば、すぐに警備をしているSPに見つかってしまう可能性があります。

となると、考えられるのは

  1. 学校の内部の様子を事前に知ることができた工事や物品などを搬入している業者など学校関係者の人間

  2. 学校関係者を装って、事前に学校内部に入ったことがある人間

  3. 学校内部の状況を把握している人間の協力を得た、学校関係者以外の人間

以上の3通りが考えられると思いますが、いったい誰なのでしょう?


包丁がピンク色の意味とは

包丁の刃がピンク色だったことについて、ツイッターで気になる書き込みを見つけました。

犯人はヘルメット姿で侵入していることが防犯カメラの映像で確認をされています。

ピンク色にヘルメット姿。

包丁の刃のピンク色には、書き込みのような関与がはたしてあるのでしょうか?

あるいは、なんらかのメッセージをアピールをしているのでしょうか?

もし、そうであれば犯行声明的なものが出るはずですが・・・。

いずれにしても、犯人が捕まり、真相が解明されるのを待ちたいと思います。

 

 

秋篠宮さまのご発言へのメッセージ?

犯人は、なぜ秋篠宮家の長男、悠仁さまの机に「刃物」をおいたのでしょうか?


やはり、なにか強いメッセージ性を感じます。

そうなると、気になるのが秋篠宮さまの「皇位継承の拒否」発言の報道です。

2017年6月に退位を実現する特例法が成立した後、秋篠宮さまが自身の即位について

「兄が80才の時、私は70代半ば。それからはできないです」

というお言葉を周囲に漏らされたということについて4月21日に報道がされていました。


もしかしたら、秋篠宮様のご発言に対して、なにかしらの意見を持っている犯人が、秋篠宮さまの長男である悠仁さまを通じて、メッセージを送ったつもりなのでしょうか?

生徒たちのショックは?

犯人像や犯行の目的については憶測の域を出ることはできません。

しかし、教室という子どもたちの世界に「包丁」という刃物を机の上に置くとは言語道断です!

「包丁=刃物」

刃物といえば、どうしても「殺意」を感じてしまいます。


悠仁さまをはじめ,ご学友の生徒さんたちもかなりショックを受けられていることと思います。


事実、学校関係者が

付属中学校ですから、セキュリティは一般的な中学校よりは、厳しいと思います。

悠仁さまが入学され、より警備が厳しくなっていた。悠仁さまの机を特定して、刃物を置いたのには、ただ驚くばかり。学校内部でも、悠仁さまの机を把握している人は少ない。

まさかの事態に学校でも対応に追われています。不審者が作業服姿ということで、業者のフリをしてすり抜けたのか。

事件がわかり、たくさんの警察の人がきてものものしい様子でした。生徒たちもかなりショックを受けて、震えていた子もいます

というコメントを寄せています。


ネットの反応

まとめ


私立の中学校であり、皇族が通う学校ですので、確かに普通の小中学校より、校内へ入ることが厳しいと思います。

しかし、やすやすと教室の中まで犯人の侵入を許しています。


そのため、この10連休中に

・警備のすきや盲点となる出入口はなかったのか?

・犯人が教室や机などを知りえた経緯

などの点を徹底的に調べて原因を突き止め、できることなら犯人も捕まえてほしいと思います。


悠仁さまの皇位継承順は父で皇嗣となる秋篠宮さまに次ぐ2位なのです。
「もしも」は許されないことと思います。

そのため、警備には万全の態勢をひいて欲しいと思っています。

そして、なによりも10連休が明けて令和初日の登校をむかえる7日に、悠仁さまをはじめ、ご学友のみなさんが安心して登校できることを願っています。


ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました