【ヒロアカ】ホークスが暗号でエンデヴァーに示した解放軍連合とは?

【ヒロアカ】ホークスが暗号でエンデヴァーに示した解放軍連合とは?

 

今回のヒロアカはホークスがエンデヴァーへと残した、暗号や解放軍連合についてお話していきたいと思います。

 

ホークスは味方だと思っていますがまだ疑問点が残ります。

 

ホークスがエンデヴァーに示した暗号や解放軍連合との関係などを検証しながら進めていこうと思います。

 

スポンサーリンク

ホークスがエンデヴァーへの暗号とは?

 

ホークスがスパイとして潜入しているヴィラン連合に何やら怪しい動きが見られました。

 

ヒーローとして活動できないし、監視の為に羽の細部に至るまでホークスにはマイクロチップが取り付けられていました。

 

そこで危機を知らせるために、ホークスは自分たちだけにしか分からない、暗号を現在ナンバー1であるエンデヴァーの元へと送る事にしました。

 

この時エンデヴァーは重傷でしたし、かなりエンデヴァーにとっては分かりやすい暗号だったと思います。

 

 

暗号に書かれていた意味は?

 

ホークスがスパイとして潜入しているヴィラン連合に何やら怪しい動きが見られました。

 

ヴィランとリ・デストロ率いる異能解放軍が同盟を結ぶことになったのです。

 

ホークスがエンデヴァーの宛てた暗号には

「それまでに」

「合図」

「送る」

「蓄えて」

「数を」

という文章です。

続けて読むと

 

「合図を送るから、それまでにヒーローの人数を備えておいて欲しい」

 

ということになります。

 

ホークスでさえ最深部しは辿り着けていないようですが、大規模戦争や今まで感じた事のない恐怖が待ち構えているのでしょう。

 

エンデヴァーの顔色や狼狽びりから、かなりの規模の戦いやヒーロー社会だけでなく、社会を根底から覆す自体になりそうだと予想できます。

 

スポンサーリンク

解放軍連合ってなに?

 

解放軍連合とは異能解放軍のリ・デストロとヴィランが同盟を結ぶことです。

 

当初はデストロの栄光再びであった異能解放でしたが、異能解放軍がヴィランと対峙した時にヴィランはこのデストロ率いる異能解放軍に敗北しています。

 

そしてここで死ぬかヒーローに捕まり死ぬかと死柄木に問いかけます。

 

そして、死柄木はデストロの要求をのみ、ともにヒーローを抹殺することに同意します。

 

革命軍+ヴィランvsヒーローという図式が出来上がってしまうのでです。

 

デストロは思想が危ないですし、表向きの顔も持ち合わせていて非常にやかいな敵です。

 

表向きの顔はサポート会社ですが、裏の顔は闇市でアイテム販売し、膨大なデータを蓄積しています。

 

 

ホークスは本当は味方?

 

危険を冒してまで自分の使命を全うしようとする姿はヒーローであり、個人的には味方だと思います。

 

どっちが本物のホークスかわからないと思う方がいるかと思いますが、ヒーローとして指名を全うし、ヴィラン側にいる時は屈辱を味わったことがあった事だと思います。

 

しかし、ふざけているかのような態度ではぐらかし、屈辱は抑えられないほどの事であったと思います。

 

ホークスはヒーローでありながら、ヴィランの心も分かったのでしょう。

 

しかし、誰かがとめなければ世界が崩壊してしまう。

 

そんな気持ちから最後の最後までヒーローとして、仲間として戦う事をやめないと思います。

 

常闇の成長ぶりも是非みて欲しいところです。

 

トゥワイスに情けをかけたのを彼と親しくなって更生の道を歩んで欲しかったからではないでしょうか。

 

時にスパイは心を深く病んでしまうものではないかと思います。

 

(関連記事)

【ヒロアカ】ホークスは公安?二重スパイって裏切りそうで怪しいんだけど

コメント

タイトルとURLをコピーしました