「ワンパンマン」バトルスーツが意外に強い!作った組織ってどこ?桃源団と同じもの?144話

 

ワンパンマンでは修行や科学技術により肉体を強化しているキャラクターが多くいます。

しかし、あくまでも強靭的な力を持っているキャラクターのみで、多くが一般人と同じレベルの人間となります。

そんな彼らでも力を得る事が出来るのが身に着けるだけで効果を発揮してくれるバトルスーツになります。

ジェノスのようなサイボーグやメタルナイトのようなロボットが登場する世界で、生身の人間が身にまとうバトルスーツがどれだけ強いものなのか疑問に思う点もあります。

ここではそういった点をまとめながら、バトルスーツを生み出した組織とは一体どんなものかも考察していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

救出部隊が身に着けていたバトルスーツ

 

怪人協会アジトにてヒーロー達が遭遇した救出部隊メンバーですが、彼らは戦闘能力が高くなるバトルスーツを身にまとっています。

ワンパンマンの世界では認可されているものであればバトルスーツを販売する事が可能となっているそうです。

ですが、救出部隊が着用しているバトルスーツは機能が高い分無認可となっている開発中のものとなっています。

そのため、戦うことになった三剣士も正しい破壊方法や無効化を手探りで探し出さなければならない状態となりました。

その後に登場したアマイマスクは瞬時にバトルスーツを身に着けた救出部隊を倒してしまいましたが、イアイアン達の剣術にも耐えきれる耐久性を誇っているのは事実です。

実はこのバトルスーツはワンパンマン初期に同型のものが登場しています。

 

桃源団が盗み出したものと同型?

 

ワンパンマンは現在までにコミックスが20巻も発売されている連載漫画となりますが、初期中の初期、まだサイタマがプロヒーローとして認められる前に起こった事件で、このバトルスーツと同型、またはプロトタイプと言えるものが登場しています。

それは音速のソニック初登場でもあったハンマーヘッドとの戦いです。

この時ハンマーヘッドは自分達の理想を手に入れるために力が必要と考え、とある組織から開発中のバトルスーツを盗み出していました。

このバトルスーツのおかげでパンチ一発で高層ビルを崩してしまうほどの力を手に入れます。

しかし、このハンマーヘッドが身に着けていたバトルスーツもサイタマのパンチにより木端微塵になってしまいます。

この事からもう登場する事はないと考えられていましたが、バトルスーツを盗まれてからその使用データを回収するために尾行していたと思われるロボットが2体登場します。

この事からバトルスーツを盗まれた組織では「わざと」ハンマーヘッドにスーツを盗ませ、その使用データを蓄積する事で改良していこうとしていたようです。

しかし、思っていたよりもデータが少なかった事に不満を漏らしながらもハンマーヘッドの始末を行う際に戦闘データが回収できたというセリフを呟いています。

しかし、この時に登場したロボットには見覚えのある形をしたものが存在します。

その事からとある疑惑が浮上しました。

 

スポンサーリンク

バトルスーツを生み出した組織とは?

 

実はハンマーヘッドを始末しに来たロボットですが、2体存在します。

一体一体は初めて見る個体のように思えますが、部品や見た目の外装などを見比べてみると実はメタルナイトが作成したロボットに似ているという噂が読者の間で広がっています。

また、救助部隊が無認可で作られているバトルスーツを手に入れるとなると、雇い主のナリンキであっても難しい問題となります。

ナリンキ本人は金でなんとかなったといったニュアンスで話を進めていましたが、金があってもコネがなければ裏で流れているバトルスーツを手に入れるのは簡単では無い事を考えて、ヒーロー協会幹部にも御用達の組織ではないかと考察できます。

そうなると一般の科学者などでは太刀打ちする事ができない技術力を持ちながら、お偉いさんに顔が聴く存在という極めて絞りやすいキーワードになります。

これらをなんなくクリアする事ができるとしたのなら、それはS級ヒーローとしての地位を確立している「メタルナイト」が一番と思われます。

しかし、正義のためにと謳って様々な研究をしているメタルナイトが認可されていないスーツを裏で取引しているのかという疑問点も出てきます。

 

様々な秘密が隠されているバトルスーツ

 

ワンパンマンの初期から登場しているバトルスーツですが、その存在に隠されている秘密はまだまだ解明する事ができていません

一般人が身に着けるだけでも腕力がアップするという効果を持っているスーツですが、認可されていないという点から研究している組織でも危険性の高さを理解しているように思われます。

そして何よりこのスーツを生み出すためには大きな科学力と財力が動いている事も何となく理解する事ができます。

今後このスーツを生み出したとされる組織がどういった形で関わりを見せてくれるのかというのも頭に入れながら作品を楽しむ事で、様々な伏線を確認する事ができるかもしれません。

 

 

タイトルとURLをコピーしました