「ワンパンマン」G4の新作が機神G5?製造元の組織に駆動騎士が関与?152話

ワンパンマンには様々なロボやサイボーグが登場します。

その代表となるのがジェノスや駆動騎士ですが、実は怪人側にも登場します。

その代表となるのが機神G5です。

152話にてその戦闘能力が明らかになる怪人ですが、その姿は先に破壊されてしまったG4と似ている事から同じ組織からの派遣である事は考えられます。

ここでは怪人側のロボである機神G5についてまとめながら製造元に関しての考察をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

機神G4とはどんなロボット?


機神G5についてまとめる前に、この機体の前任とも言えるG4とは一体どんなものだったのでしょうか。

G4とはサイタマがキングの秘密を知ってしまう回にて登場した怪人ロボになります。



今回の話で登場したG5は違い、洋風のいでたちで使う剣も西洋の騎士が使うような両面に刃がついている剣を使っています。


その登場シーンでG4がある組織によって作られたことを語っていますので、他の怪人などと違い、人工的に製作されたロボットであることがわかります。

この時はたまたまその場に居合わせたジェノスの手により破壊された機体ですが、自分自身のパワーアップを望んだジェノスがG4に搭載されていた部品をクセーノ博士へ持っていくシーンが描かれています。


この時にクセーノ博士は「暴サイボーグ(ONE版では狂サイボーグ)」の情報は手に入ったのかという質問をジェノスに投げかけます。

この事からG4は暴サイボーグに繋がる手がかりである可能性が浮上しました。


機神G5は機神G4の後継機


さて、怪人協会に派遣されたロボですが、その見た目はG4とは比べ物にならないほどスッキリとした見た目となっていました。

また、侍のような見た目をしているG5ですが、G4と同じように「機神」という異名を謳っていることから、G4と同じ組織が作った後継機であると思われます。

その実力は前作のG4を上回り、普通の怪人以上の力を持っています。

また、一度見た太刀筋を完全にコピーしてしまうという完全なコピー技術を発揮します。

その完コピできる技を使って、アトミック侍とも対等と言える太刀筋で戦いを挑みます。

しかし、過去の自分には負けないと豪語するアトミック侍により木端微塵にされてしまいます。

人間が機械を上回る結果を出す結果となったのですが、AIに仕事を奪われるかもしれない割れている社会において、人間が機械に勝つという話を聞くとホッとするのは私だけでしょうか?

しかし、核となる部分は木端微塵になる寸前で戦線離脱してしまった事から、アトミック侍から逃げ切る事ができました。

スポンサーリンク

駆動騎士に酷似した姿のG5


アトミック侍との戦いにて外観を失い核だけとなってしまったG5ですが、その姿には大きな違和感を感じてしまう読者も多くいたと思います。

それは、S級ヒーローである「駆動騎士」に姿が似ているという部分です。

駆動騎士のように真っ黒というわけではないですが、顔に一つ目武将のような見た目など共通するポイントが多くあります。

そのため、駆動騎士を作り上げた組織が関わっているのではないかと考えられています。

しかし、そう考えるとアトミック侍の戦闘情報を持っている個体がジェノスによって破壊される様を見逃すかという疑問が生まれてきます。

また、怪人協会アジト襲撃戦に参加していないメタルナイトことボフォイ博士も怪しさは高くなります。

製造組織はジェノスの敵なのか


怪人協会に派遣された機神G5ですが、謎の組織から派遣されているという情報以外の詳しい情報がありません。

しかし、G5の前任であるG4のパーツが暴サイボーグに関わっている点や派遣した謎の組織こそがヒーロー協会の裏切り者と繋がっている疑いなども浮上してしまいます。

また、「機神」だけでも怪人名となるにも関わらずわざわざ「G」という文字を入れた点は、一部のファンの中ではジェノス=Genos のGではないかと考えられています

打倒ジェノスのために作られたロボなので頭文字にGがついているとするのであれば、ジェノスが暴サイボーグを追っている事を知っているのはサイタマを除いてはクセーノ博士のみとなります。

ジェノスの戦闘能力を研究の一環として利用している可能性も考えれば、クセーノ博士が黒幕という考えも捨てる事ができません。

そうなるとジェノスを改造して強くしているのには矛盾があります。

もし、クセーノ博士が暴サイボーグなどの作った張本人だったとすると、その暴サイボーグがコントロールの利かなくなった失敗作であり、それを止めるためにクセーノ博士は組織を抜け出し、ジェノスの改造を買って出ているのかもしれません。

G4、G5が登場しましたので、今後もしかしたらG6、G7と後継機が登場してくるかもしれませんが、その時に製造した組織についての情報が出てくるかもしれませんが、今のところはまだまだ不明なことが多すぎます。

しかし、こういった情報を元に今後の展開を考察するのもいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました