「空挺ドラゴンズ」ガガの絵をほめるってブルノは意外にいいヤツかも?4巻各話のネタバレ!

空挺ドラゴンズ4巻各話のネタバレ!ガガの絵をほめるってブルノは意外にいいヤツかも?

さあさあさあ!
始まりました、空挺ドラゴンズ4巻!
龍の回廊に遭遇し、無事に船に帰れた龍捕り(オロチトリ)のタキタ。
そんな中、突然現れた豪華船。
新しく登場する人物もいれば、気持ちの変化を覚えるクィン・ザザ号の仲間たち。
彼らはこれからどんな飯……いや、どんな冒険にでるのでしょうか!

ガガの絵にみんなが驚き、ブルノが素直にほめるって意外といいヤツかも?

ミカの空腹は満たされるのか!?

食欲の暴走を感じてても、あなたは最後まで読めますか!?

スポンサーリンク

空挺ドラゴンズ18話「豪華船と賄いチーズバーガー」

クィン・ザザ号は、唐突に雲の中から現れた豪華船とぶつかりそうになるが、なんとか衝突を避ける。
しかしクィン・ザザ号の舵まわりがわずかにぶつかり、走行ができなくなった。
「なんでもいい! どうにかしろ!」
船長代理のクロッコが乱暴に叫ぶも、なすすべはない。
 
ミカたちは、捕獲した龍(オロチ)の解体、搾油作業に入っていた。
いつも通りの作業に没頭して、ひたすら汗を流す。
中でもタキタは、疲労から熱を出し、船室で寝ていた。
が、入ってきた、ヴァ二―(ヴァナベル)の足音で目が覚める。
「何か欲しい物はある?」
「……甘いもの。ただいま」
「おかえりなさい」

表では、ミカがくず肉を使ったチーズバーガーを頬張っていた。
香ばしい、バンズ。とろけるチーズ。はふはふとミカは食べる。
みんなに急かされても丁寧に料理する、コックのヨシ。
そこへやってきたヴァニー。
「ヨシ、少しいいかしら」
タキタの要望を話す、ヴァニー。
そこへ、燃料を給油し終えたオートジャイロに、ジローが乗ることになった。
「私もいいかしら」
二人はオートジャイロに乗って、空を飛ぶ。
すると、その途中で、先ほどクィン・ザザ号にぶつかった豪華船と遭遇。
「あの船の上にギリギリまで寄せて」
ジローは言われた通りに近づくが、ヴァニーは単独でオートジャイロから豪華船に飛び移る。
「甲板長! 空賊の襲撃です!!」
慌てる船員に、冷静に発言する。
「空賊じゃないわ。龍捕り(オロチトリ)よ」

「美しい……雲の中待ち続けた甲斐があった」
男は写真乾板(プレート)を見ている。
甲板長と、その甲板長の後ろを歩くヴァニー。
「ブルノ様、空から侵入者が」
「どうでもいい、君に任せる」
ヴァニーは男の服をつかみ、地面に叩きつける。
「この船で大きな市まで曳航してちょうだい」
「……甲板から外に放り出せ!!」
男こと船長のブルノは、憤怒の形相で叫んだ。

空挺ドラゴンズ19話「オボロカスカ号とブルノ・マッシンガ」

「ボウスン(甲板長)聞こえなかったか? さっさと船から放り出せ」
船長ブルノとヴァニーが睨みあう。
ヴァニーが部屋を追い出される寸前で、ブルノは呼び止めた。
「龍捕り(オロチトリ)……この龍(オロチ)を見たか!?」
「……見たわ」
「高度は!? 海抜ってこと! 低層圏に降りてきたんだな!?」
すると、ヴァニーは鎌をかけるかのように呟く。
「龍の回廊」
ブルノの目が好奇心丸出しになる。
「あら、興味あるかしら」
「続けたまえ」
「私たちの船を大きな市まで曳航しなさい。話の続きはそれからよ」
「イヤだ。話が先だ」
そっぽ向く、ヴァニー。
ブルノは思い通りにならず、肩をふるわせる。

一方、経理係のリーは頭を悩ませ、ようやく答えを出した。
解体や搾油が終わったミカたちは野原で適当に寝ている。
そこへ、ギブスとリーがやってくる。
「お前ら! 起きて集まれ!」
「お話があります。金がないと飛べません」
「つまり……このままだと最悪の場合……俺たちは廃業する」
それを聞いて、誰もが身動きを取れずにいる。

困惑するミカが言った。
「もう……龍が食えないってこと?」

船長ブルノの部屋に通された、ヴァニ―。
部屋中至る所に、龍の骨やら漬物やら、壁には龍の写真が所狭しとかけてある。
ヴァニーは一つに目を止めた。
ブルノは説明する。
「鳳紅ケツァルコアトル。生ける伝説の龍の想像図だ。本物はもっと美しい。ぼくは龍に心奪われた男だ」
気障なことを笑顔で言う、ブルノだった。

クィン・ザザ号では。
蛙のような生き物の形をした貯金箱を、リーに手渡すミカ。
「ミカさんこれは?」
「いいんだ、足しにしてくれ。へそくり」

スポンサーリンク

空挺ドラゴンズ20話「修理代と龍の絵」

対面する、被害組と加害組。
「オボロカスカ号船長ブルノ。貴船を曳航する」
「クィン・ザザ号船長代理クロッコだ」
「君たち……風呂に入ることを勧めるよ」
オボロカスカ号に戻ろうとするブルノが、うんざりした顔で言う。
ブルノを呼び止める、ヴァニー。
先に、体験者のタキタを紹介するのだ。

クィン・ザザ号を曳航してもらうための作業をしていると、乗組員たちの、将来を心配する声が聞こえる。
「ギブスはいいさ、12の頃から船に乗り組んだベテランだ。すぐ他の船から引く手があるだろ」
嫉妬とも取れる仲間の発言に対して、ギブスは、
「俺はお前らと一連托生のつもりだぜ!」
「……あんまり嬉しくもねえなあ」
仲間の本音にショックなギブス。
「ミカはどうした?」
ニコがミカを探すと、ミカは尋腸(じんちょう)と呼ばれる肉の塊に腕を突っ込んでいた。
「龍涎香(りゅうぜんこう)を探してるんだよ。龍涎香は高く売れるだろ。船を直す足しにするんだ」
思わず感心する、ニコだった。

タキタから子供の龍の話を聞いていたブルノは、
「羨ましい……」
と溜息をつく。
ふと、ブルノはタキタに子供の龍の絵を描かせ、失望した。
「君は……顔も間抜けなら描く絵も間抜けだな」
「ヴァニーさん、この人失礼!」」
「知ってる」
今度はタキタが名案を思い付いた。
「ヴァニーさん、ガガさんを呼んでもらえませんか?」
ガガを呼び、タキタからの情報を元に絵を描いてもらう。
それはまるで、本物を紙に貼りつけたかのような出来栄え。
「どこかで絵を……?」
「が、我流です」
「今までに描き溜めたものがあるだろう!? 今すぐ見せてくれ!」
ガガは急遽、自分の寝床から描き貯めた龍の絵を持ってきた。
「美しい……龍の息遣いまで伝わるようだ……いくらだ」
きょとんとするガガ。
「君の絵全てを言い値で買おう! ここまで肉薄して描かれた龍の姿はそうはない!」
「ほ、欲しければ、絵は全部あげます。か、代わりに、この船を……クィン・ザザを直してください!!」
ブルノはそれを承諾する。
止めに入るタキタだが、ガガは褒められたことが嬉しそうだった。

空挺ドラゴンズ21話「パナコッタと討伐指定状」

後日、クィン・ザザ号がすっぽりと入るほどの、大きな造船工場に到着。
クィン・ザザ号の本格的な修理が始まった。
そこでタキタは、龍が人を襲うという話を聞く。
そして、討伐指定状という存在も――――

ガガは悩んでいた。
クィン・ザザ号に残るべきか、オボロカスカ号に乗船するべきか。
そこで事態を理解したミカが言い切った。
「クィン・ザザのが良いに決まってんじゃねーか。新鮮な龍肉をいつでも食えるのは捕龍船(ほりゅうせん)だけだ」
するとそこに、別の船が曳航されてきた。
ひどくボロボロのその船を見て、またもやミカが言う。
「龍にやられたんだ、たぶん。嵐じゃああいう壊れ方はしない。〝船喰い〟か」
タキタが龍の手配書である討伐指定状を持ってくる。
討伐指定状に明記されている、龍の賞金額は、
「い、一億う!?」
ブルノが言うには、この討伐指定状を出したのは自分の父親だという。
そして、愛する龍が異常行動を起こしているのなら、原因を突き止めたいと言い出す。
「私も行くわ。いざという時は、私が龍を捕る」
賛同したのは、ヴァニーだった。
その意見に乗っかる、クィン・ザザ号の乗組員たち。
今のクィン・ザザ号は動けないので、オボロカスカ号に武器を乗せ始める。
「何故彼に協力したのですか? お金目当て?」
そこへ、ブルノにつき従っている少女が、武器の調整をしているヴァニーに問う。
「彼……ブルノが見ているものに興味があるだけ」
そして、オボロカスカ号は飛び立った。

空挺ドラゴンズ22話「船喰い」

いつもの雰囲気とは違う、オボロカスカ号。

討伐指定状で指名手配されている龍を警戒してだ。

すると、高いところに上ったミカが呟く。

「風が匂う。龍が近い」

するとその時、近くの雲から一匹の龍が現れる。

ブルノはそれを見て、「美しい」と言い、ミカはそれを見て、「うまそう」と口からこぼす。

オボロカスカ号を襲い始める、船喰いの龍。

激しい、食うか食われるかの戦いが始まる!

そしてその最中で、ヴァニーが船喰いの龍に丸のみにされた!

オボロカスカ号の内部に入り込んだ、船喰いの龍。

回り込んで、ミカも内部に入り、龍と対峙。

「ヴァナベルを返してもらうぞ」

空挺ドラゴンズ23話「食べられたヴァニーと龍涎香のランプ」

オボロカスカ号の内部に集まる、クィン・ザザ号のメンバーたち。

ギブスが指示を出す。

それに従って仲間も動く。

ブルノはふと、気づいてオボロカスカ号の自分の部屋に戻る。

一つの器から出したのは――――

 

船喰いの龍は船内で暴れ狂い、仕留めようとするクィン・ザザ号の乗組員たちが躍起になる。

再び、船から飛び立とうとする船喰いの龍は、ぴくんと動きを止める。

船喰いの龍に近づいたのは、龍涎香をランプで焙っている、ブルノだ。

「いい子だ、そのまま……」

その時だ――――翼を大きく広げた船喰いの龍は、突如、輝いた。

誰もがそれを見ている中で、ブルノは、あまりの荘厳さに……涙をこぼした。

そして我に返ったブルノは叫ぶ。

「早く彼女を助けるんだ!」

「ヴァナベル!! 聞こえたら返事しろ!!」

ミカが懸命に声を張る。

「ヴァナベル!!」

その声が聞こえた、船喰いの龍の中にいたヴァナベルは、龍の内部から威力のある銃を発砲した。

そこを目印に、仲間たちが助けようと船喰いの龍の腹を切り刻む。

腹から出てきた、ヴァニー。

「息はあるか!?」

何度も、ミカは叫ぶ。

「ヴァナベル!!」

空挺ドラゴンズ4巻のまとめ

さあさあさあ!
今回もミカはいろいろな龍を解体し、食べましたね。
なんて言ったって、チーズバーガー!
あつあつ、はふはふのチーズバーガーを世界一、美味そうに食べるのはミカでしょう!
龍は、こう言っては寂しいですが、現代にはいません。
しかし、龍がどれだけ美味いのかは、ミカを見れば一目瞭然!
食って、食って、さらに食べるミカ。
お前は太ることがないのか!?
さあ、次回は何を食べるのか!?
そして食べた後の冒険で腹は満たされるのか!?
次巻、どうぞ乞おうご期待!

コメント

  1. […] どれをとっても、同じ形の龍はいません。4巻で出てくる「船喰いの龍」には「婚姻色」という、鳥にも見られる特徴があります。現実にいる生物の現象や性質を上手く取り入れ、まるで実在する生き物のように描く様は、まさに博識!作者の見識の広さには驚きます。 […]

  2. […] さてさて、4巻ではなんと、新しいキャラクターや新種の龍も登場……! […]

タイトルとURLをコピーしました