【ヒロアカ】常闇がインターンでホークスと過ごし編み出した必殺技とは?

【ヒロアカ】常闇がインターンでホークスと過ごし編み出した必殺技とは?

今回のヒロアカは常闇君とインターン先のホークスについてお話し、検証していきたいと思います。

常闇君もインターン先のホークスも個人的に好きな2人なので楽しみです。

ヒロアカの常闇君は元から強い潜在能力を秘めていると思っていましたし(いやいや本当に(笑))、黒っていうのがまたかっこいいんですよね。

インターン先で常闇君がどうやら必殺技を編み出しているようです。

その必殺技というのが気になりますよね。

ゲームとかでもダークシャドウ的な技遣うゲームありませんでしたっけ?

話が脱線しそうなので、常闇君についていってみましょう!

 

スポンサーリンク

常闇はどこにインターンが決まった?

もちろんホークスのところです。

職場体験でもホークスにお世話になっていますよね。

常闇にとってホークスは師匠でもあり、尊敬する先輩でもあるんでしょうね。

 

同じ羽を持つ者同士という共通点もありますし、ホークスも常闇もなんとなく優しいのだけど、真が強い感じがします。

もちろんヒーローなので、心が強くなくてはいけないのは分かっているのですが、うまく表現でいないのです。

 

仮面をかぶってでも仲間に不審がられる事が例えあったとしても、仲間のために社会のために自己犠牲をしてでも、守り抜く気持ち?的なものを感じます。

ホークスはエンデヴァーに次ぐNo・2のヒーローです。

 

その元でインターンできることは常闇にとって必ずプラスになる事でしょう。

 

 

常闇がホークスに指名された理由は?

常闇がホークスに指名された理由は簡単でした。でもホークスの事ですからもう少し違う理由も隠していそうな気がしますが・・・

 

まず一番の理由は

「鳥仲間であること」

そして

「雄英高校1年A組の生徒にヴィラン連合の事を聴きたかった」

という事です。

 

これを聞いたときに常闇は少しショックをうけていましたが、インターンでもホークスと同じ事務所である事をえらんでいるので、ホークスから学ぶことが多いでしょうね。

ホークスも後輩育成に力を入れるつもりはないといいつつも、必死に食らいついてくる常闇の真摯な姿勢を受け入れて、考えを変えて常闇を育成?アドバイスをくれる事になりました。

 

 

常闇がインターンで経験したこととは?

常闇はホークスとのインターンで、ホークスと共に夜の街を飛行することになりました。

 

ホークスが常闇を認めた瞬間なのではないでしょうか?

 

ホークスの口から常闇に対する助言が飛び出す事になりました。

 

「個性の弱点をカバーする事に力を入れるのもいいが、得意な事を伸ばすのも忘れないほうがいい」

「飛べる奴は飛ぶべき、地面に縛り付けられる必要はない」

 

このアドバイスをうけてから常闇は自分の弱点カバーだけではなくて、自身の得意分野を伸ばす事に専念するようになります。

 

飛べる羽が我々には備わっている、その事を忘れてはいけない。

 

飛べるようになればそれだけ、技の種類やスタンスが変わってくるという事をホークスは常闇につたえたかったのではないでしょうか。

常闇はこのインターンで大事なことを、自分が気づいていなかった自分の長所に気づくことができたのです。

 

常闇が編み出した必殺技とは?

その名も

「ダークシャドウ・黒の堕天使」

かっこいい響きですね~!

これによって常闇は常に浮遊状態で空を飛べる事ができるようになります。

ホークスの助言のおかげですね。

 

空を飛べるようになればヒーロー活動にも幅が広がるようになりますし、ホークス直伝?助言?のおかげで生み出す事ができた新しい必殺技なので、今後もっと活躍の場所が広がる事は間違いないですね。

 

常闇は他にもどんどん得意分野を伸ばして、強力な技を編み出していってほしいと思います。

 

スポンサーリンク

常闇のインターンまとめ

インターンに行くまでの常闇は自分の弱点を克服することばかりを、考えていたように感じます。

 

たしかに自分の弱点をカバーする事はとても大事なことだと思います。

 

しかし、自分にしかできない事、それこそ個人の個性という事ですよね。

 

それを最大限に活かす事が弱点のカバーにもなるという事を。

常闇はホークスとのインターンを通じて学んだのではないでしょうか?

 

精神的にも成長した常闇のさらなる飛躍に期待大ですね。

 

ジャンプ最新刊のホークスや常闇も気になるところですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました