「死役所」原作はかなりグロい?ドラマはモザイクだらけになるかも?

「死役所」原作はかなりグロい?ドラマはモザイクだらけになるかも?

誰しも、一度は死んでしまうもの

人の致死率は100%

いつの時代も人は「死」に対して恐怖感ともに強い関心を持っているものです。

そんな人の死を扱った『死役所』のドラマが松岡昌宏さんが主役でスタートすると話題になっていました。

原作は2013年11月から「月刊コミック@バンチ」で連載されている、漫画家のあずみきし先生の漫画です。

原作の漫画「死役所」はかなりグロい表現となっているとのウワサですが、そのようなグロい作品がドラマ化されて大丈夫でしょうか?

もしかしたら画面が「モザイクだらけになるのでは?」との声もあり、かなりヤバい画像が流れるのでしょうか?

ちょっと気になりましたので調べてみました。

スポンサーリンク

『死役所』ってどんな話?あらすじは?

この世とあの世の境にあるのがこの漫画の舞台となる『死役所』です。

日本でこの世とあの世の境目といえば「三途の川」ですが、「三途の川」の先にある。

とでもイメージしてもらえればわかりやすいかのもしれません。

死役所には、あらゆる理由で死んだ人たちがやってきます。

自殺、他殺、病死、事故死などの不慮の事故で亡くなった方や天寿を全うして寿命を迎えた方などなども。

そんな死を迎えた人たちが死後に訪れ、これから自分たちの行く先、つまり成仏するための手続きをするのが『死役所』なのです。

その『死役所』で働く職員全員がある同じ理由で死亡しています。

主人公は『死役所』で働く「シ村」こと市村 正道。

『死役所』で働く職員は名前に必ず「シ」が入っており、なぜかカタカナと漢字を併記して表記しています。

『死役所』で死後の世界で垣間見られる人間模様を通して、人生の意味や生きていくことの意味などを考えさせられるお話となっています。

ドラマ化になるとヤバい画像とは?

『死役所』を訪れる死者たちの死因は様々。

『市役所』では、その死因によって対応する課が異なります。

例えば、自殺で亡くなれば「自殺課」、人に殺されて亡くなれば「他殺課」、その他「生活事故課」や「人為災害死課」などの不慮の事故死のほか、「癌死課」「病死課」などの病気によって亡くなった場合など、死因によって手続きをする課が違うようです。

死んだ人たちは、はじめて『死役所』を訪れるため(といっても、誰もが初めてと思いますが・・・)自分がどの課で手続きをすればいいのか?

手続きをすればどうなるのか?しなければどうなるのか?

などわからないことだらけ。

そのため、総合案内係のシ村が死因によって、どの課が対応するのかを案内しています。

しかし、シ村という男、役所の職員といえば役所の職員らしいのですが、聞かれればきちんと答えるのですが、相手が聞かなければ「聞かれていませんでしたから」と必要な情報を教えないというクールといえばクールですが、ちょっと冷たいと感じるところも・・・

天国へ行けると思いこんでいた少年が地獄へ落ちたときも、同僚から「なんで教えてあげなかったんですか?」と尋ねられても「聞かれませんでしたから」と答える始末。そんなシ村に同僚も「責任逃れがすごいですね」とあきれ顔。

そんなお役所的な『死役所』を訪れる死者たちは、みんな死んだときの状態で死役所にやってきます。

つまり、飛び降り自殺をした男の子は、足がグニャと曲がったまま。

また、大きな鉄骨が落ちてきて死んだ女の人は顔半分がなく、脳が丸見え状態で手続きにやってきます。

その他にも首が曲がったままや内臓が飛び出したままの女の子など、死んだ瞬間の姿で『死役所』に来るため、『死役所』のなかの異様さに目を奪われます。

さすがにドラマの中では、忠実に再現することはないとは思いますが・・・
もし、忠実に再現をしたとしたなら、画面がモザイクだらけになってしまって、いったい何の話なのか分からなくなってしまいそうです。

確かに特殊メークやCGなどで頭が半分かけた状態の姿を再現することは可能でしょうが、そこまで再現をしたら、放送に耐えることは難しいと思います。

そのため、実際の放送では「『死役所』を訪れる死者たちは亡くなった瞬間の姿で来庁する」という原作のイメージを保ちつつ、放送に耐え得る程度にとどまるのではないでしょうか?

さすがにそのままの表現では、テレビ放送で流すには刺激的過ぎるかと思いますので、そこはちょっと抑えての放送になるのではないかと思われます。

スポンサーリンク

原作がグロくてもドラマ化された作品は?

しかし、いくら原作の表現が過激でグロい表現がされていても作品の筋書きが面白いものはドラマでみたい!という声も多いものです。

そこで今までにテレビでドラマ化されていたものの、実は原作はグロかったという作品を調べてみました。

ストロベリーナイト

誉田哲也先生が書かれた個性的な刑事達が、凶悪な難事件に挑む警察小説・姫川玲子シリーズとして出版された小説が原作です。漫画は堀口純男先生が作画を担当され2011年に発売されています。

テレビでは竹内結子さんが主人公の姫川玲子を演じ大人気ドラマとなり、続編として二階堂ふみさんが姫川玲子を演じた「ストロベリーナイトサーガ」も話題となっていました。

原作では殺人のシーンもかなりきわどい表現がされていますし、また、電車で真っ二つに引き裂かれた遺体のシーンなどはかなりグロい表現となっています。

ドラマでも同じ内容が放映されていましたが、うまく表現されていました。

闇金ウシジマくん

「闇金ウシジマくん」は真鍋昌平先生による漫画が原作です。

テレビドラマでは主人公のウシジマくんを山田孝之さんが演じ、シーズン3まで放映され、映画化もされています。

原作では実際のあった事件などをモデルに描かれており、中には殺した相手を切り刻み、煮込んで肉団子にして捨てたりしているシーンなど、かなりグロテスクな表現がされていました。

しかし、ドラマではそのような殺人のシーンを直接描くのではなく、うまく「あ~殺されてしまったんだな」ということがわかる表現でしたので、原作ほどグロいシーンはなく、ウシジマくんと幼馴染の綾野剛さんが演じる戌亥が駄菓子を食べてているシーンが印象的でした。

このように、原作の表現がグロい過激な表現でも、地上波に耐え得る表現でテレビドラマとして成立しているということですので『死役所』を訪れる死者たちの異様な姿もうまく表現されるのではないかと思います。

まとめ

新ドラマとしてスタートする『死役所』ですが、原作の中でもそれぞれの事情を抱えて死んで来た人たちが見せてくれる人間模様に思わずホロっとなることがありました。

ドラマでどこまで原作を再現するのか?それとも、全く違うイメージになってしまうのかはわかりませんが、でも、「死」という人生最後のステージを扱う物語であることは変わりないと思いますので、きっと、感動的なシーンがあるのかな?って勝手に想像しています。

涙腺崩壊の準備をして放送日を楽しみにしておきます!

原作『死役所』を無料で読むにはU-NEXTがオトク
↓↓↓
《U-NEXTの31日間無料トライアルを利用して無料で読む》

原作を読んでドラマが2倍おもしろくなる!

タイトルとURLをコピーしました